土曜日ですが清水区の家の工事の進捗状況を朝ガケで見てきました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

先週、土曜日ですが清水区の家の工事の進捗状況を朝ガケで見てきました。

「朝ガケ」とは自分が言ってるだけですが、早朝から出かけて現場を見てくることです。
早朝は大体5時半頃かな、早起きは年のせいか、案外得意なのでこの時間に起きて早々と現場に向かいます。

清水区の現場は富士市からだと40分ぐらいなので6時過ぎには現場に着きます。
当然、大工さんなどの職人さんたちはいません。

朝ガケする一番の理由は現場を効率的に廻れるからです。

昼間なら道はそれなりに車は多いのでおそらく1時間以上掛かります。
大工さんへの指示は現場監督の海野がするので自分は現場の進行状況と気づいた点を見るだけです。

現場は屋根工事がほぼ終わり、大工さんが内部の下地工事に入っていました。
確か、JIOの現場中間検査は終わっていると聞いていたので、構造や構造材どうしを補強する
金物等の設置は終わってました。

来週又来る予定です。
帰りは12月着工予定の富士市中之郷の現場をチラッと見て帰ります。

富士市の帰り道へはこの現場から清水港方面に下り海岸沿いを走ります。
清水港への道すがら気になる看板が。

「津波浸水想定区域ここからスタート」

万が一大地震がおきた場合津波のここまでくるという看板です。大地震とは東海大地震、南海、東南海地震です。
お施主様の家はこの看板より上の地域で安心ですが、ここまで津波が来るというのは想像するとドキドキします。

 

関連記事

  1. 今日は檜材です

  2. 家の耐震性についての提案

  3. 8月6日7日の土日に開催する現場完成見学会の家を見てきました。

  4. 家の耐震性能を再考する1 (構造計算の重要性)

  5. 安全な予算を組むためにはどうすればいいかと

  6. 母力向上委員会さんのファミリーメッセ2012に参加します

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング