ナチュラルアスカの家

「成長期の子供たちが勉強や運動にはげむ家」

DATA

沼津市松長



【家族構成】
大人2人 子供2人
【建築Data】
1階床面積:72.05㎡(21.75坪)
2階床面積:51.76㎡(15.63坪)
延べ床面積:123.81㎡(37.38坪)

STORY

このオーナー様との最初の出会いは当社と仕事上の取引のあるあるガス機具屋さんの紹介から始まりました。

当社のオーナー様の工事に携わっていただき、たまたまそのお引き渡しの時に当社の家を見ていただき気に入っていただいたそうです。

その当時、オーナー様はご自分たちの家をどこの建築業者に建てていただこうと地元は始め、仕事の関係やその他、ネットなどでいろいろ探されたそうです。

でもなかなか、気に入った家を建ててくれる業者が見つからない時に当社の家を見て気に入ってくれたようです。

その後、オーナー様ご夫婦が当社にいらしていただき、今の現状とお住みになりたい家などのお話を聞かせてくれました。

その中で一つ大きな気になる事がありました。それは今現在はご実家の離れにご家族でお住みらしいですが、この離れの建て替えという事で家を建てたいと事。そしてご実家はかなりの狭小地(土地の間口が狭い)
だという事です。

そして離れの建て替えというと法律的にいろいろな制約が出そうなのでその解決が先だということでそこからお話を進めさせていただきました。

その後、この離れ建て替えの事もご実家のご両親のご協力もあり、法律的にも解決し、オーナー様の家へのご希望も家の各所に入れさせいただき無事お引き渡しを完了いたしました。


まずは外観からですね。

ただ最初に書きました通り、土地が狭小なのでカメラアングルが近すぎる為写真が変形気味ですがこの部分は北面になります。

ご実家の土地の南側に建てたのですが南側は森で木々がうっそうとしていて南からの光は残念ながら入ってきません。その為メインの光はご実家の家のある方向の北側からになります。

でも北側からの光というと「光がしっかり入ってくるのかな?」と思われがちですが、後から家の内部の説明でも出てきますが、プランの工夫によりリビングダイニングに十分に光が入るよう
工夫されています。

玄関横に窓がありますが、この窓はオーナー様奥様がワンちゃんを飼った時にそのワンちゃんの世話がしやすく良く見えるようにという事と、写真には写ってないですが、正面にご実家の薔薇が植わっているので薔薇が
咲いた時リビングから見えるようにという目的の窓です。

玄関に入りました。
床は無垢のカバ桜、壁、天井は漆喰仕上げ、ドアはその仕上げに合わせてツガを自然塗料で仕上げたシンプルなデザインのドアです。

入ると奥の洗面所や洗濯室につながる廊下が正面に見えます。
右に見える扉はリビングダイニング、キッチンへつながります。

床が壁を挟んで折れ曲がっているのは玄関の収納場所。シューズクロークに繋がります。


反対側から見てみます。
奥に収納スペースがあります。もっと先には勝手口が。

この収納スペースを設けたのは理由があります。収納はもちろんですが、男のお子さんが少年野球チームに入っていてバットやグローブ、シューズなどがたくさんの野球道具があるそうです。
他の家族の物と区別しないと片付かない事もあり野球道具と置く専用の場所を作りました。

 

勝手口はここで野球に行く用意をしたお子さんが外に出やすい。
反対に野球をやって帰ってきたお子さんがここで汚れたユニホームや靴を脱ぐ際、メインの玄関を汚さない為に出入りする勝手口です。

もう一度、玄関の奥に来ました。
これから左側ドアから奥のリビングダイニング、キッチンスペースに入っていきます。

リビングダイニングキッチンスペースに入りました。

正面には広い吹抜けがあります。
最初に書いた北側から光を入れるプランの仕掛けはこの吹き抜けにあります。
吹抜けですから上部窓から光を入れる事が出来ます。

北側ですから直射は入りにくいですが、大窓を開ける事によってたくさんの光を取り込みます。
この部分は後で2階部分のご紹介でよく見ていただきます。

少し角度を変えてみます。ここからも2楷吹き抜け部分の窓が見えますね。

リビング部分の広さは一部階段部分を入れて10帖程。
床は玄関と同じカバ桜、壁は漆喰塗りになっています。
この場所は隣のダイニングと兼用でテレビを見たりくつろいでとご家族の憩いの場となっています。

リビングダイニング側からダイニング、キッチンスペース側に目を移してみます。

奥の和室はご夫婦の寝室になります。
2階部分はほぼ3人の子供たちのスペースなのでご夫婦の寝室は1階なのですが、ここにご夫婦の意向があります。

3人のお子様たちは今まさに成長盛り。
順番に進学していき、何年か先にはみなさんそれぞれの道で家を出ていくかもしれません。

その後の事を考え、ご夫婦の生活スペースは1階に設けました。
平屋のような生活が可能であれば、まだまだ高齢になるのは先ですが、そのような準備にもなります。

でもご夫婦はまだまだお若いので、子育てに日常生活にこの家を使っていただきたいです。

リビングに戻り吹抜けを見上げてみます。

後でもご紹介しますが、吹き抜け部分が渡り廊下のように窓側に通路を付けました。
この写真の撮影時間は10時頃と思いますが、外から明るい光が入っていますね。

リビングダイニング、キッチンスペースに目を移します。

向かって右側は西側ですがは隣家が隣接しているので窓は換気をとる程度の大きさです。
左側に対面式のキッチンになっています。

キッチン内の水色の扉はパントリー兼、食器棚です。
このキッチンスペースは奥様が一番こだわられた所です。
内部の仕掛けは後でご説明します。

少し角度を変えて奥のダイニング側よりキッチンスペースを見ています。

右側に、玄関から入るドアが見えて全体の空間が分かると思います。
キッチンスペース、パントリー兼食器棚はスライド式ドアになっています。

3枚ドアのスライドなので使い勝手によって広く開き使う事が出来ます。

ダイニングからリビングを真っすぐに見ています。
右側に2階に登る階段があり、キッチンに立つ奥様は1階のお部屋全体がほぼ見渡せる事が出来ます。


キッチンに入りパントリー兼食器棚を開けてみます。
これは、奥様の意向に合わせ造作家具として現場で作成しました。
大工さんが箱の本体部分を造り、家具屋さんが扉を造り、塗装屋さんが塗装した後、特注寸法のガラスをはめました。

3枚スライドドアになっているので、使い勝手でドアを開け閉め出来ます。
ちなみに写真に写っている棚の反対側のドアは冷蔵庫の収納場所になっています。


下の棚はスライド式になっています。この上には炊飯ジャーを乗せてご飯をお茶碗に入れる時、手前にスライドさせます。

ドアを開けました。
上部には日ごろ使う食器類を置き、中間には炊飯ジャーなど電気製品類など。
下部はゴミ箱などの入れる場所になっています。


ドアを閉めた所です。
閉めてしまえば、中は隠れてしまうので、急なお客様が来た時にも対応出来ますね。


キッチンから見たリビングダイニングです。
奥様はキッチンで料理やその他、家事をしながらご家族の様子を見て感じることが出来ますね。

もう一度、リビング側に行きダイニングの方を見てみます。奥に一段上がった和室が見えます。
ここは前にも書きましたが、ご夫婦の寝室になります。

将来、お子さんたちが成長して巣立っても平屋のように1階の動線のみで生活が成り立つようにご夫婦からのご要望です。



和室の奥に入りました。
6帖程の和室には収納量重視の物入れがあります。

以前、書きましたがこの部屋は本来は南面に面していて日当たりは良さそうですが、残念ながら南面は、隣家の木が鬱蒼と立っていて日差しは期待でいないため防犯上も考え面積が小さな換気用の窓にしました。


和室の入口、一段上がった小上がり部分です。
床を上げた分だけ引出し式の収納になっています。

そして小上がりの横には大きなカウンターと小さなカウンターが。

一見、整理棚のようなこの二つのカウンターには役割があります。

大きなカウンターはご主人様がパソコンを使った事務仕事をする為で、小さなカウンターはパソコンと繋がるWi-Fi通信用の器具を置く場所です。

ちょっとしたパソコンでの調べ物などここで行う予定です。

ご夫婦の寝室を出て最初に入った玄関からの廊下に向かいます。

丁度その途中に収納場所が。それもキッチンからすぐ出た場所です。
この廊下の収納はやはり奥様のご希望の食品庫。
日常の保存食料はもちろん、育ち盛りのお子さんたちのお菓子などもとっておけそうですね。

廊下から入るトイレです。
奥様の好みのトイレットペーパーホルダーが目をひきます。


廊下の突き当り洗面脱衣室とユニットバスです。
造作の棚はご家族5人が使うタオルや着替え類が並ぶそうです。

洗面脱衣室から繋がっている部屋があります。部屋というよりスペースですかね。
それは洗濯スペース。


入ったところです。奥に勝手口があります。

この家の南面は隣家の木があり日当たりは良くないと以前書きました。
ただ、日陰干し的には問題ないので、この洗濯スペースで奥様が洗濯され勝手口から出て外で日陰干しされ、洗濯物が乾いたら取り込みます。

雨の日などはこのスーペースで室内干しも出来るように物干し金物も天井から吊るされています。

育ち盛りのお子さんたちが学校の部活や少年野球などで洗濯物をたくさん持ってきます。
その洗濯物を効率良く洗って整理するのがこのスペースです。


洗面脱衣室を出て玄関まで戻って来ました。

又、リビングダイニングに入り入ってすぐに階段があります。
この階段を登りいよいよ2階の子供たちスペースに入って行きます。

2階の子供達エリアに入って行きます。

1階リビングからのオープン階段を登っていきます。
段板はパイン材、蹴込部分は壁と同じ漆喰塗りとなっています。階段の先から明るい光が差しています。

何回も書いていますがこの方向は北面ですね。北面からの明るい光、なんか気になりますね。

階段を登り切った所です。


登ってすぐ横の1階リビング吹き抜け上部部分を見ています。
スチール製の白い手摺が吹き抜けの漆喰の白さとマッチしていますね。
廊下の先に棚の収納が見えますので廊下を進んでみます。

突き当りから今来た反対へ目を移します。
この吹き抜け部分の廊下は、ここで行き止まりですが何のためにあるかというと、一番の目的は吹抜け上部にある外から光を取り込む為の窓のガラスを拭くためです。

吹き抜けというと窓が高い位置にある為汚れてもなかなか拭きにくいですね。
背の高い脚立なども必要になります。実際脚立を使っての窓拭きは危険ですし。

そうゆう大変な事を解決してくれ窓のガラス吹きを楽に簡単にそして安全にしてくれたのがこの廊下です。
もっと狭く作ってキャットウォークとも言いますが、この廊下は普通の廊下の幅と一緒です。

最近、当社のオーナー様が吹き抜けとキャットウォークをセットでよく希望されます。
完成見学会などで、その解放感と便利さを経験されるとプランに入れたくなりますね。

この廊下から下を覗いてみます。リビングが一望できます。

下にいる家族の様子も分かるし、何となく解放感もあっていい気持ちにもなります。
そしてこの廊下の二つ目の役割は、吹き抜けの窓を開けたり閉めたりできることですね。

季節によっての気持ちのいい外からの風を入れたり反対に出すことも出来ます。
明るい光を入れたり気持ちのいい新鮮な風を入れたりこの吹き抜けとキャットウォークの役割は大きい意味がありますね。

廊下を先に進みます。右へ曲がって行くと子供たちエリアです。


吹抜け階段から廊下に入り進んでいきます。正面には子供たちの部屋が見えてきます。

1部屋目です。
子供部屋はお子さんたちに好きな壁紙を選んでもらいました。
アクセント壁紙の色は紫かな?

床はパイン材で、オーナー様ご希望ですがお子さん用の勉強机を造らしていただきました。
造作家具になります。

材質はパイン材等で机に座って正面にコルクの板を貼りました。
ここには学校からのお知らせなどを画鋲で留められるようにしてあります。

そしてやはり正面にコンセントとノートを照らす直付けダウンライトを設置しました。
これからの子供の授業を想定して、もしかしたらパソコンを使ったネット授業にも対応出来るようにしました。

窓は南面ですが隣家の木で日はささないので換気中心の窓です。

2部屋目です。

この部屋もお子さんに壁紙を選んでいただきました。
先程の部屋とは違い、ホワイト一色ですね。収納と造作机は前の部屋と同じです。

3部屋目です。

こちらも前部屋と同様。お好みの壁紙です。
1部屋目は女のお子さん、2、3部屋目は男のお子さんです。女のお子さんは色物壁紙でしたね。

全室共通の造作勉強机です。

パイン素材の木で机と簡単な本棚を造りました。

現場での造作机なので、大工さんが箱部分を造り、塗装屋さんがと塗装し内装屋さんが正面のコルクボードを貼ります。

オーナー様ご希望やお部屋の内装インテリアに合った雰囲気になります。
もちろん机の幅や高さなどご希望に合ったオーダーメイドです。
この机で子供たちが勉強と遊びなどで思い出に残る場所になってもらうとうれしいですね。

お子さんたちの部屋を出て廊下に戻りました。

ここは2帖程の納戸ですね。
ここにもお子さんたちの成長の為の物がいっぱい詰まっていくと思います。

トイレはお子さんたちに合わせて動物キャラクターの壁紙が貼られています。

吹抜け階段の所に戻って来ました。


1階のリビング部分ですね。

ここに戻ってこの家のご紹介は終了です。

確か家のプランはオーナー様のご都合もあり、打ち合わせ時間はそんなに長くなかったと思います。
短期間の中でよくこの内容の提案が当社設計担当の中村が出来て家づくりに生かせたな。
と多少の自画自賛もありますが、とてもオーナー様のご希望がかなった家だと思います。

この家の完成お引き渡し後オーナー様より当社にとってはうれしい、当社の家の感想がいただけました。
これから家づくりをされる方には参考になると思いますので公開させていただきます。