ナチュラルアスカの家

「家族みんなで、毎日を楽しく遊ぶ家」

DATA

清水区沼田町



【家族構成】
大人2人 子供1人
【建築Data】
1階床面積:61.96㎡(18.78坪)
2階床面積:48.44㎡(14.68坪)
延べ床面積:110.13㎡(33.46坪)

STORY

このオーナー様との最初の出会いは奥様が当社ホームページを見てくれて当社へのお問い合わせ、ご訪問をしていただいています。

初回のお話では、家を建てたい住所が清水区なので静岡市内の工務店さんと家づくりのお話がすでに進められている印象でした。

ただ、当社にいらしていただくお客様は当社以外にもいろいろな工務店など会社さんに行かれて相談されている方が多いです。

やはり、お客様ご家族にとっては家は高額な一生もんのお買い物なので慎重に多くの工務店やハウスメーカー行かれて、お話を聞きご自分たちにとって最適な建築会社を選ばれるのは普通な事です。

当社としてもそのようなお客様たちに少しでも家選びに参考になるような、ライフプランなど家と家族の将来に関わるお金の話や耐震性や断熱性など、家の性能のお話、将来家にかかるであろう
メンテナンスの費用のお話などをお伝えしています。

後は、お客様がご自分たちの家に関する価値観、価格、好き嫌いなどの嗜好など考慮されて建築会社を選ばれれと思います。

もちろん、当社が選ばれればとてもうれしいですし、これからの家づくりのご提案にせいっぱい取り組んでいこうと思います。

このオーナー様はうれしい事に当社を選んでくれました。
そして、最初にご相談を受けたのは家を建てる土地のお話。
聞きましたらもうすでに、気になっている土地があるらしいです。

自分としても早速、土地の所有者の静岡市の不動産屋さんに問い合わせと訪問をしました。

当社は会社として不動産免許を持っています。
ただ、この免許は、土地の売買や仲介をする為ではなく、あくまでも家づくりの為の土地探しをされるお客様に土地選びのアドバイス、買われる場合の不動産屋さんとの交渉など土地に関して素人お客様の手助けになる為の不動産免許だと思っています。

静岡の不動産屋さんに訪問したところ、当社のお客様以外にこの土地への問い合わせがあり、今工事を担当するハウスメーカーとこの土地を買いたい方とどうするか交渉中という話でした。

土地の売買は基本的に早い者勝ちです。

買付証明書といって、この土地を買いますという意思表示を書類で早く出された方が先に不動産屋さんと土地売買の交渉に入る事が出来ます。
もし当社のお客様がこの土地を強く希望されるのであれば、すぐに買付証明書を不動産屋さんに出す必要があります。

結論から言いますと、当社のお客様は買付証明書をすぐ不動産屋さんに提出してくれめでたくこの土地を買う事が出来ました。
いくら気になるといえ、高額な土地を短期間に買う事を決断されたお客様には感心するばかりです。

それでは、この家のご紹介を始めさせていただきます。

まずは外観から。

明るくホワイトの外壁色が青い空に映えています。
丁度、向かって左側が南側になります。南面から明るい太陽の光が差していますね。

屋根材はカパラスKS40という粘土焼き瓦。色はノルディックブラウン。北欧風の落ち着いた色あいです。
粘土焼瓦なので基本将来のメンテナンス費用はかかりません。当社のお薦め標準仕様になります。

外壁は付加断熱の外張り断熱材に弾性アクリルモルタルによる塗り壁材です。
弾性アクリルモルタルは一般的なセメントモルタルのようなひび割れが発生しません。防水性、耐久性も高いです。こちらも当社お薦め標準仕様です。

玄関ポーチに入って行きます。

アールの入口壁をくぐると玄関ドアがあります。ドアは一見木製のようですが、YKKの耐久性のあるアルミ製品です。

奥にかわいい黄色いポストがあります。こちらはオーナー様からの支給品。
玄関のイメージにマッチしていますね。



玄関ドアを開けると、こちらも窓から明るい日差しが入ってきています。
壁材、天井は漆喰仕上げで、床はカバ桜という無垢材。木目が少なく硬めで傷が付きにくい素材です。

床材になる無垢材はいろいろな種類がありそれぞれ特徴があります。
この家の床のカバ桜が硬めであるのに対し、パイン材は柔らかい素材ですが、素足で歩くとしっくり馴染み暖かさがあると採用してくれるオーナー様もいます。

どちらも当社で扱っていますが、オーナー様にお好みで選んでいただいています。

左側にベンチがあります。

荷物置きにも使えますが、お子様の靴を履くためのベンチ。まだまだ先のお話ですが、オーナー様が高齢になってからの介護用のベンチにもなりますね。

正面にはアンティーク風のガラスや照明器具があります。
どちらもオーナー様奥様が選ばれた物です。家の雰囲気にもマッチしてますね。

反対側から見ています。

奥にシューズクロークがあります。中に入ってみます。

こちらのは、ご家族で使われる靴やコートなどを置くことができます。
オーナー様と今、お持ちの靴やこれから増えそうなものなどを打ち合わせして決めていますが、棚を数多く設置してあるので、かなりの収納がありますね。

場所が玄関とは分けられているので、玄関が靴でいっぱいになる事もなく整理しやすいと思います。


もう一度玄関に戻り玄関から入れる扉へ。
こちらは打って変わって洗面脱衣室になります。

家のプラン、生活導線については各オーナー様ご家族により違います。
特に一般的に奥様が主体となる家事導線は、奥様からご意見いただき、設計士とのプラン打ち合わせによって少しずつ導き出されご理解、ご納得いただきプランに生かしてく事が多いです。

こちらの家では玄関近くに洗面所を設置しました。
お子さんが学校や遊びから帰ってきたはまずは手洗い、うがいができますね。



奥にはユニットバスが、そして洗面所周辺には工夫された収納棚などがあります。
こちらも設計士との打ち合わせ中に出てきた工夫ですね。


洗面脱衣室の隣にはトイレが。

トイレットペーパーなどを置く棚の他にちょっとした小物などを置く棚も壁をくりぬいて設置しました。
何かお子さんの好きな小物や季節の物を置くのでしょうか?

職人さん手造りの造作家具の手洗いもオーナー様のこだわりです。

さあ、玄関ホールよりいよいよ扉を開けリビングダイニングに入って行きます。

リビングダイニングに入りました。


玄関からリビングダイニングに続くドアを開けるダイニングテーブルあり奥にキッチンとテレビがあるリビングが見えてきます。

そして右側には和室の個室があります。

でもお部屋の配置的に見てこの和室はどのような働きをするのでしょうか?
この5帖程の和室は琉球風畳が敷かれ、窓も小さく設置されています。

この和室は言わばお子さんの遊び場でもあり、お昼寝の場にもなります。
丁度キッチンからも覗ける位置なので、奥様がお子さんの様子を見ながらキッチン等での家事をすることが出来ます。

家のお引き渡し後、この家にお邪魔した際もお子さんがおもちゃを一杯広げて遊んでいました。
この和室には開き戸が付いているのでもしご家族以外の急なお客さんが来ても
この開き戸を閉めてしまえば、見えなくすることも出来ますね。

角度を変えてみてみます。

正面奥には吹き抜けとリビングがあり、南からの明るい日差しが降り注いでいます。
左に視線を向けるとホワイトの収納扉があり、その横には2階への階段があります。
こちらは後で登ってみます。


リビング側に入りました。
リビングの一部は吹抜けで上部の窓から光が入っています。

この部屋も玄関同様、床はカバ桜という無垢材、壁は漆喰塗りです。


目線を変えてみます。

玄関から入ってきた、ドアが見え、5帖の和室の入口も見えます。
左の方にはキッチンが見え奥には収納を主としたパントリーが見えます。


少し目線を変えるとキッチンの造作の収納棚が。
造作なので奥様が普段使われるお皿などの収納物の大きさや数に合わせて作る事が出来ます。

下台とキッチン本体はタカラスタンダードのキッチンですね。
このキッチンはオーナー様奥様は最初から希望されていました。
家の全体の雰囲気にもよく合っています。

奥の赤い扉のパントーリー内に入ってみます。

パントーリー内は収納を目的の主としています。
棚をたくさんつけました。
これだけあれば、かなりの収納力を期待できますね。
棚は可動式ですから収納物の大きさに合わせて高さを変える事も出来ます。

キッチンからリビング側にもう一度出てみました。

左側は吹抜けを利用したスキップ階段(踊り場のある階段)になっています。
こちらは後ほどご案内します。

スキップフロアーの下に緑色の扉があります。近寄ってみます。


単色の緑色がきれいですね。
中に入ってみます。

中もきれいに仕上げられていて奥には明り取り件、換気用のかわいい窓もあります。

これは使うにはもったいない階段下を利用した収納室。
でも当分は」元気ぼうやの秘密基地として使われるんでしょうね。



リビングからダイニングへ戻ってみます。2階への階段が見えてきました。
階段から2階の方に登ってみます。

階段を登り2階に上がっていきます。

1階の時にご紹介したスキップフロアーに上がり2階の方を見上げてみます。

開放的な吹き抜けになっています。
吹抜の天井部分には天井ファンがみえます。冬の暖房、夏の冷房時に吹き抜けの空気を拡散してくれてお部屋の温度を均等に快適にしてくれます。

ちょっと先に木製開き窓があります。これは後でご紹介しますが、子供部屋から開ける窓。
1階にいるお母さんとお子さんがこの窓を開けて呼び合うのでしょうか?

「おかあさ~ん」

という声が聞こえてきそうです。

振り返るとスキップフロアーの1階の収納部分の上の踊り場に木製の奥行きが広めのカウンターがあります。
これは、ご主人様がお仕事や趣味や遊びなどに利用するパソコンを置く場所です。
オープンな書斎のような場所。
でもお子さんが小学校、中学校に行くようになったら宿題場所として占領されそうですね。



2階の廊下に上がりました。
この2階ホールはちょっとした収納エリアになっています。

造作の本箱のような家具を設置してあります。
上部は高さ調節できる可動棚、下は少し深めの固定棚です。
お主人様のお仕事の種類入れに使われるのでしょうか。はたまたお子さんの勉強の本用か?
使い道はたくさんあります。

左に奥に通づるエリアがあります。



こちらのエリアは洗濯室になります。

最初、玄関横の洗面脱衣室を御紹介した時、洗濯機がないなと思われた方もいらっしゃったかもしれません。
この家は奥様のご希望もあり洗濯室は2階に設置しました。

そして、このお部屋の機能が家事スペースとしてとても効率よく出来ています。

まずは1階の脱衣室から洗濯物を運んできます。
脱衣室から2階への階段はとても近いので、洗濯物は苦も無く運べます。

造作の手洗い洗面台の並びがカウンターになっているので、ここで必要に応じて洗濯物の仕分けなどもできます。
この洗面台で汚れの軽いものの手洗いも出来ますね。

その後、同じ部屋内の洗濯機で洗います。

洗濯物を干す場所は、この部屋で室内干しするか、この部屋から続いている屋根付きのバルコニーで外干し出来ます。
天候などその日の状況や夜間の洗濯などで干す場所をチョイス出来ますね。

乾いた洗濯物を取り込んだ後はこのランドリースペースで畳むことも出来ます。
4帖程の広さなので畳むためのテーブルを設置すれば問題ないですね。

そして畳んだ後は、後でご紹介しますが、廊下から入れるファミリークロゼットに収納することが出来ます。
洗濯動線が短い事は日頃の家事の効率化をはかれます。





廊下に出て見ます。正面のホワイトの扉が子供部屋の入口です。中に入ってみます。

この部屋は南向きでとても日当たりがいいです。
床は2階とは違い、無垢のパイン材、壁は漆喰です。パイン材は北欧系の木、寒い地域の木なので自分を寒さから守る為に木の中に空気をため込んでいるので、1階のカバ桜に比べ、踏んだ感じは暖かく、やわらかい感じがします。

ただ、やわらかいので傷が付きやすいです。
この部屋は元気坊やの部屋なので、遊んでいっぱい傷をつけるかな?
でもそれがお子さんの成長の証しと考えればいい思い出になりますね。

左に先程、階段の吹き抜けの時にご紹介した木製の窓があります。
ここから下階のお母さんとお話しできます。

収納はあえてオープンにしました。成長に合わせ入れる物が多くなるかな?

今度はお部屋を移動してご夫婦の寝室です。

この部屋の子供部屋同様、床はパイン材、壁は漆喰になっています。
漆喰の壁の色を2色使っています。ちょっとイイ感じです。

奥に入って視線を変えてみます。

お部屋の奥にアールの開口の別空間が見えています。
この先が、ランドリースペースの紹介の時に書いた、廊下から入れるウォーキングクロゼットです。
奥に進んでみます。


中には移動が可能な可動棚と布団などを置ける奥行きが広めの固定棚が見えます。

丁度両方からの角に立つとウォーキングクロゼットの内容が分かります。
右側が先程入ってきた寝室で右に見えるのがランドリースペース、階段につながる廊下ですね。

ランドリースペースで畳んだ洗濯物をウォーキングクロゼットに直接運んで保管することが出来ます。


これだけの棚があればかなりの収納力がありますね。

玄関まで戻って来ました。   これから外に出てみます。


玄関を出ると最初ご紹介した、かわいい黄色いポストがあります。

玄関の前が駐車場になっています。 これならば雨の日も玄関前の庇が大きいのであまり濡れないで車の乗り入れが出来ますね。

視線を変えてみます。

アンティーク風の入口が見えてきます。
これはお庭への入口。ホワイトの家の外壁に合わせお庭の塀もホワイト色にしました。
イメージがマッチしていますね。




入口には鐘が。何かヨーロッパの国の邸宅に入るイメージですね。

入ってすぐの所に水栓があります。お庭の花たちへの水やりようですね。
鳥を模った水栓がかわいいです。

南面の窓には手動で上げ下ろしできるシェードがあります。
これは夏の暑い季節をおくるのにとても大事なツールです。

夏、一番お部屋の温度を上げるのは太陽からの熱です。

外壁部分などは断熱材で夏の熱の侵入を防げますが、窓からの熱はガラスを2重3重したり遮熱ガラスを使う事も効果はありますが、一番の効果は直接太陽の光を遮る事です。

このシェードはその効果を発揮してくれます。

この部分は公道にも面しているので、外からの視線も遮ってくれますね。




お庭の中外を探索してみます。

駐車場と土の部分をレンガで埋めてみました。
コンクリートと土をなぎげなく融合しています。

先程の入口のアイアンに合わせた擁壁のアイアン飾りです。
道路側から見ています。

お庭からです。
オリーブの木などを植えています。これからいっぱいお花や木を植えていくのかな?

駐車場スペース側の花壇です。
道を通行する人も季節の花を楽しめそうですね。

オーナー様の夢や希望をいっぱい詰めたホワイトの家です。
元気坊やのこれからどんどん大きく成長すると思います。将来が楽しみですね。

この家のオーナ様よりご家族で家づくりを経験されて大変だったこと楽しかったことどんな事に気を付けたことなど。
いろいろ語ってくれたお客様の声が届きました。

当社の事なども書いてありますのでぜひお読みください。
家づくりの参考になりますよ。