ナチュラルアスカの家

「きれいな花たちに囲まれ、家族で楽器を奏でながら楽しく過ごす家」

DATA

富士市中島



【家族構成】
大人2人 子供2人
【建築Data】
1階床面積:46.37㎡(14.00坪)
2階床面積:46.37㎡(14.00坪)
延べ床面積:92.74㎡(28.00坪)

STORY

このオーナー様との最初の出会いは当社へのご訪問から始まりました。

家の話や資金の話などいろいろさせていただきましたが、驚いたことに共通の知り合いもいたり、お話が最初から盛り上がったことを覚えています。

その後、当社でお薦めしている家づくりの為のライフプランをしていただき将来もお金のことをご理解いただきながら家づくりの総額を決めてから土地探しを始めました。

オーナー様の土地へのご希望はまだ小さいですがお子様の小学校、中学校の学区についてはご希望でした。
場所にはこだわりがありましたが、土地の広さにはそんなにこだわりはなくお自分たちが理想とされる家の規模が入れば問題なさそうでした。

当社の場合、お客様へのご提案としてライフプランにて家づくりのお金の目安が付きましたら土地探しと同時進行で土地がまだ決まらなくてもプランニングを始めます。

これは、最初にお客様たちがご家族と毎日過ごされる、「住みたい家」をまずはご要望の聞き取りなどをさせていただき、プランニングし見える化します。
そうすることによって土地探しの目安ににもなりますし、よりご家族が住みたい家が具体的に見えてきて次々にご要望が湧いてきて、満足した家づくりのプランニングなっていきます。
当社の場合、家のプランニングにはお客様がご希望であれば時間が許す限り時間をかけます。

家はご家族を日々の生活を快適に住みやすくすることが目的です。
家の中隅々までご家族のご希望が行き渡った家のプランニングを完成させたいですね。


まずはこの家の外観から南面は日当たりがよくレモン色の外壁がよく生えています。

練り壁に粘土瓦屋根はオーナー様奥様のご希望。
緑の窓枠や石張外壁はご主人様の好きな「東京ディズニーシー」の建物を参考にされているようです。

それでは、家の中のご紹介します。

玄関ドアを開けて中に入ると3畳ほどのホールが。
壁は当社の標準仕様の無垢のパイン材。壁は漆喰塗りです。
パイン材の床は当社のオーナー様の半分ぐらいのご家族が採用されます。

パイン材は主にフィンランドなど北欧系で寒い地域なので木の幹に空気をたくさん入れているので触ったり踏んだりしてもヒヤッと感が少なく、感触がやさしい感じです。

ただ反対にデメリットとしては柔らかいので傷が付きやすく、経年による表面の色の変化もおこります。
飴色になっていくと私たちは言っていますが、オーナー様たちの中には床の傷も思い出になるし色の変化もだんだん味わい深くなるとその特徴をよく解釈してくれる方もいらっしゃいます。

壁や床など内装に使う特に自然素材系の物は良くその特徴を理解して採用する必要がありますね。

正面にはLDKに入るパイン材のドアがあります。

ふと横を見るとコーヒーカップ状の手洗い場がこれはオーナー様奥様が希望されました。
お子様が保育園や学校から帰ってきたらまずは手洗い。
きれいになってからお部屋に入ろうね、という気づかいの設備です。

玄関にかわいいニッチボックスが設置しました。
このには特に奥様のお気に入りの物が季節ごと飾られ、訪問者を和ましてくれそうです。

オーナー様希望で、トイレは玄関です。
階段やトイレなどそのご家族の価値観や優先順位で場所が決められる箇所があります。

中は木製の造作吊戸棚などトイレットペーパーなど収納にも気を使われました。

ドアを開けてLDK内部へとあまり広い空間ではないですが、この中にオーナー様の希望がいっぱい詰まっています。
一つ一つ説明していきます。

壁と床の素材は玄関と同じ自然素材のパイン材と漆喰です。

別の角度から見ています。
先程、入ってきた玄関からのドアの右横には洗面脱衣室のドアがあります。
その前には固定式のダイニングテーブルが。このテーブルはオーナー様のご希望で取外し可能になっています。

当分はないとは思いますが、もし将来お部屋のイメージチェンジをされる場合の為の用意です。



リビング側からダイニングキッチン側に入ってみます。

プランニングの折オーナー様特に奥様が一番気にされていたことは、家事導線、生活導線などをなるべくお部屋の中では
短くしたいという事でした。

土地選びからそうでしたが、オーナー様奥様はご自分がこうしたい事などが定まりましたらそれをご自身で集中して突き詰めていくタイプで、家のプランニングも納得されるまで時間をかけてされていました。

でもご自身の事情もありました。御出産されて丁度育児休暇の期間が決まっていてその期間に間に合わせる為もありましたが。

リビングからダイニング、キッチンへと家事導線をなるべく短くとりました。

ただここで、ポイントが一つ。キッチンだけは近くてもあまりオープンにはしない。

せめて手元やキッチンの調理台などはあまりリビングからは見えづらいように。
急な来客などで、慌てることなく家事が進められるそんな思いもあったと思います。

キッチンの裏手にあたる場所に二つの扉が。
正面はリビング用の収納。
リビングは何かとこまごました物の収納が必要になります。

右側のドアはパントリー兼、奥様の作業部屋。
奥様はご趣味も兼ね、ミシンを使った編み物や工作作業がお好きらしくこの部屋はその集中部屋。
もちろんお仕事の事務作業もこの部屋でこなします。

こんな感じですね。奥様お一人の世界ですね。
奥はパントリーになっていて保存食やウォーターサーバー用のお水も置かれています。


こちらはダイニングから入る洗濯洗面脱衣室です。
収納を重視し、少し広めの洗濯洗面脱衣室です。

玄関にも近くてお子さんが外から汚れて帰ってきてもすぐにお風呂入れられますね。

洗濯洗面脱衣室から出ました。
この位置からだと南から日差しが入っていることが良く分かります。
アールの壁や柱も柔らかくて優しい感じですね。

位置を変えてみます。すると正面に四角扉とその上にこちらもアールの開口部分があります。
これは2階上がる途中に付けられたスキップフロアーの開口と下に造られた収納部分です。
近づいてみます。



この扉は一件本棚のように見えますし、実際本棚です。
扉はスライド式になっていて開けてみると中は収納庫というより秘密基地か?
外につながる窓も付いていて外からの明かりも取れるし、空気が溜まれば窓を開けての換気も出来ます。

今は丁度お子様の背丈ではすんなり入るので収納+お子様の遊び場。まさに隠された秘密基地ですね。
あ母さんと遊ぶことも出来ます。


もう一度リビング側に出ました。
右側に階段があり登ってみます。


階段途中のスキップフロアーを覗いてみます。
お子さんがお勉強も出来そうなカウンターテーブルもあり、ここからリビングダイニング全体が見渡せます。

ここで勉強中のお子さんにキッチンから「ごはんができたよ~」とお母さんがいうと「は~い」と元気な声が返ってきそうです。


階段を2階まで登ってみます。
振り返ると先程覗いたスキップフロアーの入口が見えます。

2階の廊下です。

すぐ左の扉はご夫婦の寝室。右側は今はまだ使われていませんが子供部屋。奥の扉は音楽室になります。
音楽室? と思われますがこれは後でご紹介します。



まずは寝室に入りました。
南面に向いているので明るい日差しにあふれています。

右側が入口で奥の開口部分はウォーキングクロゼットになります。
ここにはご夫婦の服などが収納されます。



ウォーキングクロゼットから出ると奥に階段が?
確かこの家は2階建て?なぜ階段が?と思いますが、その答えは登ると分かりますが小屋裏収納へつながっています。

小屋裏と言っても天井の高さは建築の法律上の決まりがあるので高さ閉鎖されてい1.4mで制限されますが奥行きが4.5mぐらいありますし幅も1.8mぐらいあります。

1階のスキップフロアー下の収納部屋のように窓も付いていて外の光を入れたり空気の入れ替えも可能です。


下に降りて子供部屋に入ってみます。
今は一部屋ですが、お子様が増えたら真中の木の部分で仕切って二部屋にする予定です。

それまではこの部屋でお子さんと目一杯遊べそうですね。窓から富士山も覗けます。


廊下を通って音楽室に入りました。

音楽室にはオーナー様の思いれがあります。
ご主人様は中学校、高校の音楽講師をされ、奥様は中学校の音楽教師。お二人とも音楽には強い思いれがあり
ご自分たちが家を建てた場合はご一緒に楽器をお部屋で奏でようと思われていたようです。

でも音楽室を作るにあたっての大きな問題はその楽器の音をどのように家の外に漏れないようにさせるかです。
やはり楽器を家で奏でる場合、音でご迷惑にならないかとご近状への音の伝わりは気になる所です。

でもその問題で解決ができたのは当社で採用している断熱材「セルロースファイバー」です。

「セルロースファイバー」は高い断熱効果以外の効果として遮音性能があります。
当社の他のオーナー様の中にはこの性能を生かし家の中に「シアタールーム」を作られた方もいらっしゃいます。
その中でお好きな映画やゲームなど時には大音量で楽しまれているようです。
外で遮音効果を確認してもほとんど音は漏れておらず、ご近所からのクレームも一切ないそうです。

今回、「セルロースファイバー」を断熱性能だけでなく遮音性能としても採用しました。
ただ、「シアタールーム」作られたオーナー様のように完全遮音構造ではなく、本来の断熱効果採用としてでです。
オーナー様が家の中で楽器を演奏され外で確認されたところ、周りの生活音にかき消されほとんどご近所に影響がないようです。


家の中の照明器具は全て奥様がネットよりお好みで選びました。
灯数が多かったので大変だったと思います。なかなか個性的な器具もありました。

奥様はカエル君のファンらしいです。
当社にプランニングの打ち合わせ時にもカエルキャラクター物をいくつか持ってきてました。

これはダイニング収納庫の取っ手の部分。これも奥様がネットで探されたそうです。
よくピッタリの物を見付けました。

最初にもご紹介した玄関部分の手洗いボールです。これも奥様が設置を希望されボールも探しました。

お子様の帰宅時にはまずは手洗いから。時期的に「新型コロナウィルス」予防にもなりますね。

これもご紹介しましたが、スキップフロアーをリビングダイニング側から見たところです。
ご家族揃って楽しいひと時ですね。毎日の生活が見えるようです。


玄関から外へ出ました。
この日は奥様のお母様もいらっしゃったのでそのペットのワンちゃんです。

玄関のタイルやレンガのステップなど、奥様のアイディアです。
オレンジ色の化粧の砂利と色が良くコーディネートされています。
ワンちゃんモデルさんに見えてきます。



玄関を正面から見てみました。
レモン色の塗り壁材に擬石の玉石が貼られています。
ここから見ると石貼りの中に何かが隠されているようです。それは「ミッキーマウス」
ご家族は大のディズニーのファン。ディズニーシーによく行かれるようです。

「隠れミッキー」分かるでしょうか?

お子様がのぞかれている窓のグリーンの窓枠もディズニーシー仕様だそうです。

お庭は全てご家族の手作り、カラーモルタルを練り丁寧に土の上に塗っていきます。
ビー玉も埋め込みました。

あれここにもミッキーが。

この家全体がオーナー様の家への希望や遊び心がいっぱい詰まっています。
楽しそうな毎日毎日がずっと続きそうですね。