成長期の子供たちが勉強や運動にはげむ家(沼津市松長)2

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

今日は昨日の続きを。

成長期の子供たちが勉強や運動にはげむ家(沼津市松長)

まずは外観からですね。

ただ最初に書きました通り、土地が狭小なのでカメラアングルが近すぎる為写真が変形気味ですが
この部分は北面になります。

ご実家の土地の南側に建てたのですが南側は森で木々がうっそうとしていて南からの光は残念ながら
入ってきません。その為メインの光はご実家の家のある方向の北側からになります。

でも北側からの光というと「光がしっかり入ってくるのかな?」と思われがちですが
後から家の内部の説明でも出てきますが、プランの工夫によりリビングダイニングに十分に光が入るよう
工夫されています。

玄関横に窓がありますが、この窓はオーナー様奥様がワンちゃんを飼った時にそのワンちゃんの世話がしやすく
良く見えるようにという事と、写真には写ってないですが、正面にご実家の薔薇が植わっているので薔薇が
咲いた時リビングから見えるようにという目的の窓です。

玄関に入りました。
床は無垢のカバ桜、壁、天井は漆喰仕上げ、ドアはその仕上げに合わせてツガを自然塗料で仕上げた
シンプルなデザインのドアです。

入ると奥の洗面所や洗濯室につながる廊下が正面に見えます。
右に見える扉はリビングダイニング、キッチンへつながります。

床が壁を挟んで折れ曲がっているのは玄関の収納場所。シューズクロークに繋がります。

反対側から見てみます。
奥に収納スペースがあります。もっと先には勝手口が。

この収納スペースを設けたのは理由があります。収納はもちろんですが、男のお子さんが
少年野球チームに入っていてバットやグローブ、シューズなどがたくさんの野球道具があるそうです。
他の家族の物と区別しないと片付かない事もあり野球道具と置く専用の場所を作りました。

勝手口はここで野球に行く用意をしたお子さんが外に出やすい、
反対に野球をやって帰ってきたお子さんがここで汚れたユニホームや靴を脱ぐ際
メインの玄関を汚さない為に出入りする勝手口です。

もう一度、玄関の奥に来ました。
これから左側ドアから奥のリビングダイニング、キッチンスペースに入っていきます。

 

関連記事

  1. 富士市岩渕で地鎮祭を行いました

  2. 高齢化少子化の影響

  3. 気持ちも明るくなる春の花

  4. 富士宮市外神で「富士の麓の家」では上棟(家の)をしました。

  5. 富士宮市青木平「英国風カントリーハウス」の家では気密工事をしました。

  6. 『資金計画勉強会開催』を開催しました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング