先週土曜日ですが富士市柚木の家の工事の進行状況を見てきました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

先週土曜日ですが富士市柚木の家の工事の進行状況を見てきました。

前日に当社の標準仕様の断熱材「セルロースファイバー」の充填が完了したという事でした。
今日はその確認です。

セルロースファイバーについては以前からブログ等で何回も書いているのでここでの詳しい
説明は省きますが当社が10年以上前から採用している断熱材です。

この断熱材は家の外周壁、天井裏など外面に面している部分に吹き込みという方法で充填します。
断熱性能が高いのはもちろんですが、調湿効果や遮音効果、防虫効果など断熱性能以外のメリットも高いので
当社の家の標準仕様にしています。

吹き込み工事の写真は工事に立ち会っている当社の現場監督の海野が写したものです。

外部では壁の内壁の断熱材セルロースファイバーへの付加断熱として外張り断熱を大工さんが貼っていました。
当社の場合、内壁内のセルロースファイバー+外壁のウレタン外断熱のセットで断熱性能を高めています。

この両方の作業が完了すると大工さんの工事は内部の工事に入っていきます。

この家は2世帯住宅。大きめなのでまだまだ工事は掛かりますね。

 

関連記事

  1. 家は資産なのか?

  2. 思案どころの日本経済

  3. 新しい当社の家の施工例アップの2回めです。

  4. 住宅雑誌の取材を受けました

  5. 家づくりライフプランのお薦め

  6. 富士市交流センターで「家を建てる前に聞くと得する資金セミナー」開催しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング