富士市伝法リノベーション工事では大工さん工事が進んでいました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

今日は少し振り返り現場の記事です。

富士市伝法リノベーション工事では大工さん工事が進んでいました。

1階部分は大体終わり、2階の工事をしています。
以前、家の状態を知る為のインスペクション(建物状況調査)をした際2階の天井には断熱材が
入っていないことを確認しています。

インスペクション時の天井裏

以前、この家の確認申請書を見せていただいた際、平成元年に確認申請を取ったことを確認しています。
確認申請を取ったという事はその後、工事を着工し完成しています。

平成元年ですとそんなに古い家ではないですが、自分の経験から考えても普通に
断熱材は工事で入れています。断熱材が入っていなのは当初考えにくかったです。

その為今回は、壁断熱材何とか入っていそうなので天井断熱材は設置しました。

やり方としては現状の天井を剥がし、グラスウール断熱材を設置していきます。

既存の壁は真壁の和風調の壁だったので壁をふかして大壁(柱が見えない洋風壁)にしました。

大工さん工事はもう少しかかりそうです。

関連記事

  1. 皆さんが一番気にしていることは家の耐震性でした

  2. 上棟の喜びを将来の幸せにつなげる家

  3. 富士宮市小泉の現場ではセルロース断熱材を壁、天井に充填しました

  4. 今、思う事

  5. 再考家の性能について「家づくりライフプラン作成の重要性」4

  6. 富士市石坂「ナチュラルアスカの家」もうすぐ着工です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング