富士市伝法の家のリノベーション工事の話を書きます。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

というか、明けましておめでとうございます。ですね。
当社も水曜日定休ですから明日より仕事始めです。
今日は自分はいろいろ年末から溜まった仕事をしていました。

ここで今日年暮れから着工した富士市伝法の家のリノベーション工事の話を書きます。

この家のオーナー様は実は今は仕事の都合もあり東京にお住いの方です。
もともと富士市の大手の会社に勤めていらっしゃいましたが、事情もあり今は東京で不動産お持ちで
その家賃収入で生活されているそうです。

他にも株などの売買もされているとか?
生活されるには十分の収入があるようで、今回リノベーションをされる家は生活をするというよりは
ご自分の趣味部屋で好きな事を満喫される家らしいです。 うらやましいです。

オーナー様の個人情報は失礼なので、このあたりにして工事の内容を簡単に言うと、中古で買われた家を
オーナー様のご希望で基本的には外部、内部とも劣化してきたこの家のフルリノベーション。
ただ当社の方針として、耐震性能を確認し、強度が足りない場合は耐震性能を上がる事と断熱性能も上げて
少しでも快適にこの家で過ごしてほしいと思っています。

外観です。
まず気になるのは、シートにくるまれている車が2台あります。
この車は私の世代から言わせていただくと2台とも若い時に乗りたかった憧れの車です。

家の外観はやはり屋根外壁ともかなり劣化しています。
屋根はカラーベストいうスレート系の材料が貼られていますがこれは塗り替えをできれば10年ごとにしたいですが
買われてからもその前の持ち主さんも塗替えはされていないように感じました。

屋根の一番上を棟と言いますが、この部分を包んでいる板金が風などで飛んでしまっているようです。
よく今まで雨漏りをしなかったと思います。

裏から見ます。

この家は高台に立っています。
西面が高い方になっていて日は良く入りそうです。
オーナー様も窓を開けると気持ちい風が入ってきますよとおっしゃっていました。
見晴らしも良く確かにここからの景色は気持ち良さそうです。

家の周りを確認します。

裏のテラスのような場所はかなり劣化が進んでいます。
小屋のような場所も。シロアリ被害が大きい事が分かります。
オーナー様もこのあたりは全て撤去してほしいとご要望されていました。

心配なのはこのシロアリ被害が家の中にも浸透していないかです。
これは中の工事をする際に分かる事だと思いますが。

趣味の車の部品等が置いてあります。
今回の工事で処分されるそうですが、少しもったいなさを感じます。

次回は家の中も確認させていただきます。
どんな宝の山があるやら。

 

関連記事

  1. 富士市厚原「ちょうどいい家」を見学された印象

  2. 富士市大渕の「ナチュラルアンティークの家」の進捗状況です

  3. 富士市伝法「SOPOの家」地鎮祭をしました。

  4. 沼津市松長で 地鎮祭をとり行いました。

  5. 「家の熱がどんどん逃げていく真冬の怪とは?」の中編

  6. 富士市中里の家もうすぐ完成です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 2021.02.16

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング