恒例の庭の木の柿を取りました

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

先週ですが、恒例の庭の木の柿を妻と取りました。
これは毎年の恒例行事みたいなものです。

庭には子供のころからある老木の柿があります。
この土地に来たのが自分が小学校の2年ぐらいなので今から50年ぐらい前です。
その頃か?どうか?覚えていないですがそれに近いくらいの年月が経っていると思います。

その時代、庭に柿や夏ミカンなど植えるのが普通だったので父が植えたと思います。
中学時代や高校時代、学校から帰って来ると、その季節の夏ミカンや柿をとって
空腹にまかせて食べた記憶があります。

家を建て替えた際、夏ミカンは切ってしまいましたが、柿はまだ残っています。

老木なのでかなり幹が弱いので昔のように登っては折れるので、脚立に立って一個、一個
ハサミで切ってとります。持ちきれないので、妻が下で籠で受けます。
毎年、この作業を繰り返しています。

印象として数がいつもより多いような?
今年は台風の影響がそれほどでもなかったので、落下した実が少なかったのか?

とった柿の実は妻が一つ一つ磨いて並べていきます。
数は140個ぐらい、例年とさほど変わりませんでした。

毎年、当社のスタッフや妻の仕事の同僚や友人などに分けています。
恒例なので楽しみに待っている人もいるようです。

この作業が終わるといよいよ年末に入ります。

関連記事

  1. やり直しがきかない家づくりだから慎重に、

  2. 富士宮市山本「ナチュラルアーリーアメリカンの家」の完成見学会

  3. お部屋の断熱工事をしませんか?

  4. 基礎工事が始まってる富士宮市豊町の現場に行ってきました。

  5. 「長野県北部地震、新聞報道に驚いて現地を見に行く」6

  6. 富士宮市北山の性能向上リフォームの現場では断熱工事に入りました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング