静岡市清水区の家の基礎工事を書きます。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

今日は静岡市清水区の家の基礎工事を書きます。

まずは基礎の鉄筋工事から。

鉄筋工事はまさに基礎工事の中で一番大事なキソ部分ですね。
いくら家の木造部分を強くしても基礎部分で弱ければ大きな地震などが来た場合は対応できません。

当社の場合、建てる家全棟、構造計算をやりその結果次第で木造部分はもちろん基礎部分もより強くするために鉄筋補強をやります。
一般的には構造計算をやる会社、やらない会社とも基礎の鉄筋は一律30㎝幅、20㎝幅と組みますが
構造計算をやると、基礎のどの部分に地震時に強い力がかかるかが分かるので、その部分に
集中して鉄筋を増やします。

写真の部分は人通口といって、お引き渡し後の定期検査時に人が通る場所の鉄筋補強です。地震時に力が集中するので下部鉄筋を補強しました。

鉄筋が組みあがると当社の場合、JIO(日本住宅検査保証機構)という第三者の立会検査をやります。


この検査に合格すると土間コンクリートの打設をします。
その後、建枠を組んで立上りの打設をし、十分乾燥させて枠を外し完成します。

ここまでくれば後は上棟(家の骨組みを組む)はまじかですね。
上棟が楽しみです。

 

関連記事

  1. 当社の花壇も春爛漫です。

  2. 富士宮市の家の上棟(家の骨組みを組む)をしました

  3. 家の燃費が分かればいいですね

  4. 一生に一度の家づくりですから、楽しい家づくりにしたいですね。

  5. 自分の本当の仕事納め

  6. 電気代高騰の先は見えない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング