沼津市松長の現場では「セルロースファイバー」の壁内充填の工事をしました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

沼津市松長の現場では当社の標準採用の高性能断熱材「セルロースファイバー」の壁内充填の工事をしました。

「セルロースファイバー」の原材料は新聞紙。
新聞紙をチップ状に裁断したものを家の外壁回りと2階の天井の上に充填します。

「え~、新聞紙は紙でしょう? 紙を壁の中に入れたら火事の時大丈夫?」
という声が聞こえてきそうです。実際私がお客様にその説明をした時にそのようなご質問を受けたこともあります。

結論から言えば大丈夫。今日は工事現場の進行の話を書いているので詳しい事は当社のホームページ説明に
委ねますが、セルロースに含まれる「ホウ酸」という薬剤がセルロースファイバーに火を寄せ付けません。

このホウ酸という薬剤もゴキブリ駆除の「ホウ酸団子」や眼科で目を洗浄する為の薬剤なので
人体には影響ありません。

セルロースファイバー断熱材について

壁充填

天井充填

施工後のシートの穴は同じ断熱性能の羊毛で蓋をします。

セルロースファイバー充填は専門の業者さんが工事してくれます。
当社の場合、外壁面は柱の太さが105㎜なので約10㎝の厚さ、天井部分は300㎜の厚さにセルロースファイバーを
充填します。

この暑い時期は施工者さんにとってはかなりの体力的負担だったと思います。
ほんとにご苦労さんです。 熱中症に気をつけてください。

このセルロースファイバーを充填すると現場の温度環境がガラッと変わります。
まだまだ仕事が残っている大工さんは過ごしやすいと思います。

 

関連記事

  1. 富士市岩渕で地鎮祭を行いました

  2. オーナー様の家へのご希望をとことん実現した家2

  3. 今日は「これからの家に求められる大事な性能とは?」 基本スペック断熱編…

  4. 再考家の性能について(断熱気密編)3

  5. 富士市比奈で地鎮祭を行いました。

  6. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」基本スペック地盤調査、基礎…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング