再考家の性能について(耐震性能編)5

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

今日は「これからの家に求められる大事な性能とは?」というテーマの中の
家の構造の「木造在来工法」の話をしたいと思います。

では最初になぜ「ナチュラルアスカの家」は木造在来工法なのか?

建物の構造には木造在来工法をはじめ、ツーバイフォー構造、鉄骨造、RC(コンクリート構造)
などがあります。
ただ、これらの構造を決めるためにはまずは規模的な意味があります。
一般的にビルや大きな公共の建物は鉄骨造やコンクリート構造の建物が多いです。

それは、大空間がつくれる事と階数を高くすることができるからです。
たくさんの不特定多数の人が利用するこれらの建物は鉄骨造やコンクリート造が適しています。

では住宅の場合はどうかというと、1階に広い部屋や駐車場がほしいとか、
4階以上欲しい場合は鉄骨造やコンクリート造にします。
後は意匠性、デザイン的な理由や建てる人の個人的な好みもありますね。

そして、コスト的な理由もあります。
鉄骨造やコンクリート造は使う材料や施工の仕方が木構造に比べてどうしても
高くなりがちです。
大きなマンションなら面積が広いだけ坪単価は下がりますが、住宅となると
同じ機能を考えた場合木造在来工法よりはどうしても割高になります。

では同じ木造の仲間のツーバイフォーならいいかというと、基本的には
住宅にも適しているしコスト的にも問題ないと思います。
ただ当社の場合はツーバイフォー工法を推奨してはいませんし、施工していません。

その理由は、木造在来工法は日本の気候に一番適していると思うからです。

木造在来工法とは日本の古来からある伝統的な工法です。
日本古来からの建築工法とは神社、仏閣などが代表されますが、最近の住宅などの
建物はその構造をもっと簡素化しながらも耐震性をあげる工夫がされています。

基本的に基礎から上には材木である、土台、柱、梁、筋交、小屋組などで
構成され、耐震性を上げるために筋交いはもちろん、構造用合板や補強金物で
補強されています。

最近では制振装置や免震装置などを付ける場合もあります。

木造在来工法は日本古来の神社、仏閣が培ってきた技術を踏襲しています。

日本の気候は高温多湿、(最近は熱中症になるぐらい高温ですが)春の長雨
梅雨、夏の台風、秋の長雨、など 建物にとってはあまりいい条件ではありません。

そして、地震が多く、何十年に一回、何百年に一回の大震災。

日本の住宅はこの辺りの過去の試練を乗り越えて来ました。
そして、もちろん大震災対策も重要ですが、でもこれらの良くない
条件の中でも一番実生活に影響する問題は、日本の気候、高温多湿対策では
ないかと思います。

高温多湿という日本の気候の条件の中でいかに家を長持ちさせ、傷めないかが住宅を
建てる上で重要なことだと思います。

当社の「ナチュラルアスカの家」は伝統的な木造住宅の良い所を踏襲しつつ
構造的には大地震に備え補強し断熱性能を向上させ、長持ちし、お部屋の環境を
季節ごと寒くない、暑くない、そして大きな地震が来ても倒れないそんな家に
していきたいと思います。

関連記事

  1. 2011年の3月11日のこの日、東日本大震災が起こりました。

  2. ご高齢のご夫婦に依頼されて倉庫兼車庫の建て替え工事をしました。

  3. 「健康、省エネ住宅を推進する国民会議」のシンポジュウムに 行ってきまし…

  4. 河野談話の有識者による歴史検証が国会で公開されました

  5. 富士市大渕の基礎工事が進んでいます。

  6. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」健康編5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング