再考家の性能について(断熱気密編)5

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

皆さんコロナ禍の中いかがお過ごしですか?

最近思いますが、当社に訪問してくれたり、ネット上の一般の方からの家に関するご質問が
耐震や断熱など性能に関するご事が多くなってきたような気がします。

コロナの中、家にいる事が多くなりこれからのご家族の生活のあり方を考えた場合、お部屋の快適さや
安全さを考え、やはり家の性能は大事だと思ってくれていたのかな?   と考えています。

その為、家の性能について改めて家づくりを初めて間もない方にも分かりやすく解説していこうと思います。

動画でも解説公開していく予定ですが、まずはブログにて。

今日のお話は?

省エネ住宅「ベルス」評価とは?

住宅の省エネ住宅については国が力をいれて推進しています。

具体的には経済産業省が推進する「ZEH(ゼッチ)」や国土交通省が推進する
「ゼロ・エネルギー住宅」や「長期優良住宅」がそうですね。

最近良く耳にする言葉に「BELS」という言葉があります。
「Building-Housing Energy-efficiency Labeling System」の略称で、「ベルス」と読みます。

BELSとは同じ計算法に則って住宅の一次エネルギー消費量を算定します。
消費者にとって、省エネ性能というモノサシで建物の「燃費」を横並びに比較できるメリットがあります。

家電品の省エネラベルと似たようなものです。

家電品ベルス

BELSは、国土交通省が定めた「建築物の省エネ性能表示のガイドライン
(建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針)」に基づく第三者認証制度の一つ。

新築と既存建物の双方を対象に、一次エネルギー消費量をもとにBELS実施機関が
省エネルギー性能を客観的に評価し、5段階の星マークで表示する。住宅性能評価・表示協会が
制度運営している。

となりますが、簡単に言えば

住宅(建物)の省エネ性能を第三者機関により客観的に共通の表示方法で審査し
分かりやすいように性能値を星の数によって表す認証制度となります。

その評価基準は
「一次エネルギー消費量の基準値からの削減率、一次エネルギー消費量基準や
外皮基準への適合可否」で表されます。

まだよく分かりづらいですが、超簡単に言えば審査して五つ星の多い家が消費エネルギーの
削減率が高い、要は省エネ住宅だといえます。

そしてこの審査は一軒一軒の家で実施します。

今日はちょっと分かりずらかったかな?

関連記事

  1. 沼津市大岡の現場に行きました。

  2. 家族と一緒の時間と同じように自分だけの時間も大事にする家

  3. ライフサイクルコスト考えた工法の例

  4. 「床と天井が木質の住宅は快眠、健康」か?

  5. 「全国公衆衛生関連学協会連絡協議会(全公連)」の主催のシンポジウム 「…

  6. 「富士市五貫島のSOPOの家」に行ってきました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング