アフターコロナ後の家づくり

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

新型コロナウィルスの影響が世界を席巻し、日本にも多大な人的被害、経済的被害を起こしています。
先日、やっと非常事態宣言による飲食店等による営業が制約があるにせよ解除になりました。

当社のお客様でもスナックやお好み焼き屋さん、ケーキ屋さんなどもいらっしゃいますが特に飲食関係は
大変な被害があったと思います。
富士市吉原のお好み焼き屋さんの「御幸屋」さんにはコロナの前からたまに行ってますが、最近では
店主さんもこの騒動には一言「参ったよ」という感じでした。

早くこの騒動が過ぎて正常に戻るのはいつでしょうか?

こんな状況下で特にアフターコロナと言いますか、これから家を建てる、リフォームするお客様たちは
どんなお気持ちでされるのでしょうか?
そんな事を考えていると最近当社にいらしているお客様とお話をしていて感じますが、家の性能についてのご質問が
多くなったような気がします。

耐震性能や断熱性能ですね。
以前のお客様はもちろんご興味や関心はありますが、私が当社の家の性能を一般的に国で求められている
性能を基準としてご説明をしてそこから関心を持たれる事が多かったような気がします。

でも最近のお客様たちは家への関心が性能ありきでいろいろご質問される方が多いです。
たまたまそのような方たちが重なったかもしれませんが、当社へのネット上のご質問も性能が多いです。

私の勝手な推測ですが、確かに家の性能の重要性は前から言われていますが、コロナ後ご自分たちの家づくりの
足元と言いますか、どこが重要かなどが見えてきたのかな?と思います。

当社もお客様たちの日頃の生活、将来の生活を考えた場合、まずは家の性能が大事だとお伝えしています。
その後、ご自身の生活スタイルに合わせて間取りやデザインを一緒に時間をかけて探していきましょうと。

家はご家族のいろいろな価値観で建てられます。
ただそうでも生活してからそして将来まで影響を与える事は耐震や断熱など家の性能です。
そこを重要視されることは家づくりの選択肢にとってもとても大事ですね。

断熱性が高い冬でも暖かい部屋

大地震が来ても倒れない耐震性が高い家

関連記事

  1. 大理石や大判タイルの玄関床

  2. 富士宮市北山の雨漏り断熱改修の現場では内装の解体工事を始めました。

  3. 耐震等級とは

  4. 新しい当社の家の施工例アップの3回めです。

  5. 「SAKUYA 長屋門ダイニング」もうすぐ完成ですね

  6. 静岡市葵区新間の家のご紹介です。3回目です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング