富士市伝法性能向上リフォームの家では内装の解体をしました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

少し間が空いてしまいましたが、富士市伝法の家の工事の様子を少し振り返りで書きたいと思います。

この家のお施主様はリフォーム工事への要望はまずは耐震工事。
昭和53年に建てられた建築基準法では旧耐震になる家をこれからご夫婦で安全にそして安心して暮らせるように
耐震強度を上げたいという事。

そして断熱性能を上げる事。
やはり昭和に建てられた家は断熱性能があまり良くない家が多いので断熱性能を上げ、こちらも
お部屋の寒暖差が緩やかで毎日の生活が過ごしやすい環境で過ごしたいというご要望でした。

工事はまずは、現状の内装を解体することから始めました。

既存の壁を剥がして、地震に強い耐力壁を設置し耐震強度を上げます。
そして、今入っている昭和の建築工事時の断熱材を高断熱の物に入れ替えます。

1階部分の窓も高断熱サッシの交換するのですが、窓まで外すと防犯上問題があるので、
窓の取り付け部分のみ壊し、サッシの交換は大工さんの工事のときすることにしました。

解体業者さんが天井、壁、床と剥がしていきます。
この状態で見るとお施主様も家が壊れるのではないかと心配されますが、家の構造を壊さないので
その心配はありません。

元の和室部分は畳も外され壁を撤去します。

今回はお風呂やキッチン、トイレなどもリフォームするのでその部分も壊しました。




解体がほぼ完了しています。
床や壁や天井が剥がされました。やはり思っていた通り断熱材は入っていません。

今度この部分には、高性能の断熱材が充填されます。

工事は、まだ始まったばかりです。
次回は大工さん工事を書こうと思います。

関連記事

  1. 日本の社会の価値観が大きく変わるような気がします

  2. 30年後の自分たちを想定してみる。

  3. 当社の新しい施工例がホームページにアップされます。 今日はその最終です…

  4. 伊豆の国市北江間の家のお引渡を完了しました

  5. こんな先が分かりづらい時代の家づくりは

  6. 産経新聞にFIT法「固定価格買取制度」についての記事が気になりました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング