今日は地域の「どんど焼き」でした。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

今日は地域の「どんど焼き」でした。


どんど焼きはお正月で玄関などに飾ったお飾りや去年神棚などに飾っていたお札などを
焼いたりします。

燃えた灰などが空高く上げっていくことことからお正月に家に来てくれた神様を
見送る、お盆の迎え火、送り火の意味もあるそうです。

子供たちなどはどんど焼きの火に、自分たちが書いた習字を入れて火のいきよいで
上空に高く上がると、字がうまくなるという事で、今日も近所のたくさんの子供たちが来ていました。

でも最近では防火上の問題などでどんど焼きが出来なくなる地域もあるそうです。

一年に一度ですが、地域の方との親交の意味もある「どんど焼き」。
少子化も言われている今日ですが、長く続いて行ってもらいたいです。

関連記事

  1. 工事に先立ち大事なのは家全体の状況の把握です。

  2. JAPAN SHOP(建築、建材展)で行われていた セミナーに参加して…

  3. スマートハウスは省エネ住宅なのか?

  4. 素材(建材)の違いによるメンテナンス費用の違いのまとめ

  5. 耐震等級とは2

  6. 富士市厚原の家でお施主様へのお引渡をしました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 2021.11.27

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング