プチラパンさんですが、 外壁部分の修理が進んでいます。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

富士市伝法の高齢者の車による事故で、お店の一部に損害が出た富士市伝法のプチラパンさんですが、
外壁部分の修理が進んでいます。

大工さんが壊れた部分の窓枠を付けたり壁の壊れた所を補修したりしました。

その後、左官屋さんが入り壁の下塗      りをしたり、タイルを貼ったりしました。
今日は塗装屋さんが外壁を塗りました。

プチラパンさんの希望で壁の色を少し以前より明る目にしました。
やはりプチラパンさんのにとっては事故はとても心の負担でもあるのでその気持ちを払拭させるために
リニューアルオープンの気持ちで工事の完成を望んでいらっしゃるようです。

プチラパンさんのオープン当時の写真を整理しましたら今のお店が出来た当時の物が出てきました。

もうすぐ、足場がとれそうです。
足場が取れたら来週は中の工事をします。

関連記事

  1. 旧耐震基準の家と新耐震基準との違いは? 2000年基準とは?

  2. 産経新聞にて「熊本地震から1年」というタイトルで記事が出ていました

  3. 今日は富士市神谷の家の引き渡しでした

  4. 性能向上リフォーム(三島市大宮町)内装、設備を考える

  5. 富士市のFMラジオ局「ラジオF」出演しました。

  6. 「こだわりアートコーナー」がある家」では大工さんが建物の骨組みの補強を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング