富士市伝法のプチラパンさん、明日より解体工事に入ります。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

高齢者の車による事故で、お店の一部に損害が出た富士市伝法のプチラパンさんですが、やっと保険会社の審査も通り、
作業用の足場を設置し明日より解体工事に入ります。

解体工事は、まずは事故で、折れてしまった構造上大事な柱を交換する為に行います。
この折れた柱は建物の丁度、角の部分にあり、お店を支えていました。

ただ折れてしまったので、今は仮の柱でささえています。

今回の工事では、今まで木だった柱を鉄骨製に変えます。
木より強度を上げる意味もありますが、今回の場合は、鉄骨製であれば鉄のプレートとボルトによる結束のしやすさなど
を考え採用しました。

ただケーキ屋さんという店舗なので見た目も気になります。
木の柱であれば、木の素材感がありましたが鉄骨では見た目が味気なくなってしまいます。

その為、鉄骨の柱にモザイクタイルを貼る予定です。
モザイクタイルを貼れば、店舗の空間がおしゃれに演出されそうな気がします。
事故の後ですから、修理だけでなく気分もリニューアルしたいですね。

プチラパンさんの工事写真の中から懐かしい写真が出てきました。
平成16年当時の私です。
丁度、プチラパンさんの建物の位置を決めています。

工事の進行状況は又お知らせします。

関連記事

  1. 鉄筋とコンクリートは互いに助け合っています

  2. 消費増税より気にしてもらいたいこと

  3. 先日の日曜日、富士市神戸の家のお引渡しでした

  4. 富士市中央町の「ナチュラル和モダンの家」の上棟をしました。

  5. 建築と法務に関するセミナーを受けました

  6. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」基本スペック木構造編2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング