富士宮市宮原の家「ミニシアターのある家」のご紹介の3回目です。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

 今日は「富士宮市宮原の家」のご紹介の3回目です。

洗濯脱衣室の扉を開けると右側が洗濯機置き場、左側の上が洗剤などを置くスペース、下が
脱いだ洗濯物を入れる籠を置くスペースになっています。
まだお引渡し前で洗濯機も籠もセットされていませんが。

左隣の棚は小物類を置く場所です。
オーナー様は玄関シューズクロークの所もそうでしたが空いているスペースは収納にしたいというご希望でした。

このすぐ右手にはユニットバスになります。

左の扉を入っていくとウォーキングクロゼットになっています。

ここからの生活導線はこの家の特徴にもなっています。
この部屋の目的は洗面所と洗濯したしたものの室内干しとその収納です。
一般的には洗面と脱衣、洗濯は一部屋で機能させます。
この家はその働きをあえて二部屋に分け、より機能的によりスペースに余裕をもたせて
生活導線に組み入れました。

洗濯脱衣室 →洗面台設置のウォーキングクロゼット→廊下→パントリー、キッチンです。

反対側から見てみます。

廊下を挟んでこちらも大容量収納のパントリーになります。
シューズクローク同様、入れる物に合わせて棚は高さ調整ができます。

パントリーの隣にはキッチンがあります。
先程書いた一連の作業導線の一応反対側の終点になります。

パントリー、キッチン→廊下→洗面台設置のウォーキングクロゼット→洗濯脱衣室です。
キッチンから先はリビングダイニングです。

奥様はキッチンから洗面台設置のウォーキングクロゼットから洗濯脱衣室までを一本の作業導線で
繋がっています。
途中、大容量のパントリーやウォーキングクロゼットがあるので物の出し入れもスムーズです。

キッチンからリビングダイニングを覗いてみます。
開放的な吹き抜けと自然素材の無垢床材や漆喰壁の部屋です。

次回は開放的で色彩的にも落ち着きそうな自然素材のお部屋を書きます。

関連記事

  1. 一級建築士から見た失敗しない家づくり無料勉強会開催のお知らせ

  2. 富士市石坂「ナチュラルアンティークの家」上棟しました。

  3. 基礎工事は鉄筋の強さが大事です

  4. 家づくりはたくさんのハードルをクリアーしながら進めていきます

  5. 富士市交流センターで「家を建てる前に聞くと得する資金セミナー」開催しま…

  6. 函南町増築の現場より

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング