無料家の耐震診断を募集します。

大地震への減災を目指して 耐震診断のご提案

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

最近思うのですが、地震が多いような気がします。

それもそんなに大きな地震ではないですが、マグニチュードにすると2~4ぐらい。

日本地震マップを見ると6月に宮城県沖、北海道沖、十勝沖などは4クラス。
静岡県西部にも6月13日に2回マグニチュード2~3クラスの地震が来ています。

最近では6月18日に新潟県山形県で震度6強の地震があり、幸いにも亡くなった方はいませんでしたが
多数の家の瓦が落下したと報道で知りました。

  ネットより 新潟山形地震 瓦落下 

私は家を建てていることもありどうしても地震には敏感です。

政府内閣府の中央防災会議は今後30年以内に東海地方に巨大地震が発生する確率を87%としています。
いつか来る来ると言われながら警戒されている南海トラフ系の東海地震も過去100年前後に
定期的に発生していますが1854年に発生した安政東海地震を最後に今現在165年以上経っています。

地震は予知ができるといいながら、いつ起こるかわからないので皆さんいつもは忘れています。
でも一度大きな地震が来たら大きな損害を被むってしまうかもしれません。

今回はそんな地震に備えてのご提案です。

ご提案    耐震診断をして補強が必要な場合は補強計画まで  限定2棟まで

受付期間   令和元年 8月10日まで

対象住宅   昭和25年~平成12年5月までの富士市内の2階までの木造住宅 

診断費用   無料(一般的な費用15万~20万 富士市の耐震補助事業より)

耐震診断受付 0120-561-085 木耐協会員 富士市中央町アスカ工務店

この提案は地域の減災を目指しての当社の定期的な活動なので、補強計画ご提出後のご要望なしの
営業活動や電話営業、訪問営業はいっさい致しませんのでご安心ください。

耐震診断の詳しい情報や内容を説明した「木造住宅の耐震診断ハンドブック」用意しています。
ご要望ください。 (0120-561-085 富士市中央町アスカ工務店)

耐震診断は静岡県耐震診断補強相談士が対応します。

 

関連記事

  1. 富士宮市宮原の家「ミニシアターのある家」のご紹介の2回目です。

  2. 秋田の「なまはげ」がユネスコの世界無形文化遺産に登録されたという記事を…

  3. セルロースファイバー断熱材充填しました

  4. 地盤改良工事をしました

  5. 安全な予算を組むためにはどうすればいいかと

  6. 断熱材は家の環境を左右する大事な部分です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング