ガルバリウム鋼板の屋根と木質系板張りについての将来のメンテナンス費用の話をします。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

LCCライフサイクルコストについて書いています。

屋根や外壁など使われる素材(建材)は、常に雨風や太陽の紫外線に直接さらされるところです。

家を建てるにあたり、その素材に関しては建築を依頼する住宅会社から決められることが
多い思いますが採用するにあたっては素材により将来のメンテナンスコストが違ってくる
ということはアドバイスを受けたほうがいいと思います。

今日はガルバリウム鋼板の屋根と木質系板張りについての将来のメンテナンス費用の話をします。

ガルバリウム鋼板屋根が外壁、木質系板張りについては以前のブログをどうぞ。

木質系板張りの家の劣化状況

 ネットより

ガルバリウム鋼板の屋根と木質系板張りを使った場合の30年後50年後のメンテナンス費用の違いは?

アップにすると?

となります。

表は中小工務店の全国組織の社団法人JBNの「住まいの健康比較表」を使わしていただきました。
築30年後と50年後でメンテナンス費用は?

30年後 975万円

50年後 1220万円

になりました。

次回は 今まで書いてきたメンテナンス費用を外壁、屋根の素材ごとまとめてみます。

関連記事

  1. JAPAN SHOP(建築、建材展)で行われていた セミナーに参加して…

  2. 富士宮市豊町の家では第三者検査機関GIOによる金物検査が行われました。…

  3. 先日、長泉町で地鎮祭をしました

  4. 現在 ホームページをカスタマイズしています。

  5. 家づくりがしたいと思ったら参加していただきたい「勉強会」

  6. サイディングの欠点2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 2021.11.27

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング