資料請求はこちら

沼津市大岡の現場に行きました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

沼津市大岡の現場に行きました。
自分が富士宮市北山の改修工事の担当になっていて改修工事なので現場に就いていることが多く
なかなか現場に行けませんでした。

現場は外壁下地材のダイライトを貼り終え防水用の透湿シートを張り終え電気屋さんが
換気扇や配線など、外に露出する部分に気密シートを貼ったところでした。

気密シートは家の気密性を確保するためにとても重要です。

でも家の気密性能というと何となくわかりづらいと思いますので簡単に説明します。
気密性能というのは簡単に言うとお部屋の中にどれだけ隙間があるかということです。

こんな経験ないですか?
エアコンをガンガンかけているのにお部屋が温まらなく寒い。
お部屋の一定の場所が寒い。
換気扇をいくら廻しても空気が新鮮になった気がしない。
床と壁の繋ぎ目から風が入ってくる。

家の気密性能は外気の影響をいかに受けないかということで断熱性能と同じくらいお部屋の
環境を考えたうえで大事な性能です。

じゃあ家の隙間が多いとどうなるのでしょうか。先ほども書きましたが外気の影響を受けやすくなり、
断熱性能の効果が薄れ、冷暖房が効かなくなります。

風が強いときや、室内外に圧力差があるときに隙間から空気が出入りし、花粉や砂ぼこりも侵入します。
そして、換気システムが効果的に効かなくなり、家にたまる湿気や有害物質を追い出すことができず、
ダニやカビが発生しやすい場所ができます。

夏の除湿、冬の加湿の効率も落ちます。また、遮音性が損なわれ、家の外の音が大きく聞こえる問題も発生します。

簡単といいながら長々と書いてしまいました。

次回家にとってクリアしたい気密性能の話をかきます。

関連記事

  1. 「オーナーさんのおうち見学会」という見学会を開催しました

  2. 家の価値観は住む方の価値観で決まります

  3. 長泉町で予約制の完成現見学会を開催しました

  4. 家の熱がどんどん逃げていく真冬の怪とは?

  5. 年の初めの「ドンド焼」

  6. 管理建築士講習に参加してきました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング