資料請求はこちら

雨漏りとシロアリ被害により家の重要な構造材の土台と柱を交換する

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

富士宮市北山の中古住宅の性能向上リフォームの続きです。

先日のブログで、雨漏りとシロアリ被害により家の重要な構造材の土台と柱の交換を
余儀なくされました。

ここまで被害がひどいと土台も柱も交換するしかありません。
特にこの柱は外につながりバルコニーを支えている大事な柱でもありました。

交換前

土台と柱は新しい部材と交換されました。
柱や土台は既存の被害がなかった部分に強度的に絡めました。
こうしておけば強度的には問題ないかと思います。

下地をめくった部分で他の部分も劣化が進んでいるところもありましたが、出来る範囲で何とか交換しました。

交換後

前にも書きましたが、今回のこの家の工事の目的は雨漏り解消と個別の部屋単位の断熱改修工事です。
雨漏り対策としては既存のバルコニーを管理が大変なので屋根に変更。
(管理が大変というのは、この富士宮市北山地区というのは、家の周りが森のように木が多く
季節の変わり目でたくさんの葉っぱがバルコニーに落ちてしまい、高齢のご夫婦では
その管理が大変という事でした。)

個別の部屋単位の断熱改修はとは、高齢のご主人様がいままでは2階で寝ていましたが、階段の乗り降りが大変な為
1階の今まで客室として使っていた和室を寝室にするにあたり、その部屋だけを断熱改修して寝室として使われる
為です。

部屋単位で断熱改修にした理由は、全体をするより費用が掛からないからです。

工事は断熱改修する部屋を床、壁、天井と仕上げを壊すところから始めます。

前回ははこの時点でシロアリ被害が発見されました。

次回は断熱工事から書きます。

 

関連記事

  1. 家の耐震性能を再考する2 (構造計算の重要性)

  2. 富士宮市外神では制振装置を付けました。

  3. 富士市厚原、バルコニーの防水工事が進んでいました

  4. 富士宮市北山の雨漏り断熱改修の現場では内装の解体工事を始めました。

  5. 『資金計画勉強会開催』を開催しました

  6. 明けましておめでとうございます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング