資料請求はこちら

家を買おう、または建てようと思った時に自分たちがどれぐらい借金できるか?

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

家を買おう、または建てようと思った時に一番気になることはやはり自分たちがどれぐらい
借金できるか?だと思います。

一般的に住宅ローンの借り入れの限度額は「土地や建物の担保価値による限度額」と
「借入れ本人の年収による限度額」があり、両方の限額を満たす必要もありますが、
いずれか低い方が融資額の上限となります。

例えば「土地や建物の担保価値」による限度額というのは一般的な考えとして民間金融機関では、
融資の限界を土地や家の購入価格の80%~90%としていると言われます。

しかし、フラット35(買取型)では、購入価格または建築費など必要資金の100%を融資上限としており、
また民間金融機関の中には100%~120%を融資率の上限とする金融機関もあるようです。

じゃあ「借入れ本人の年収」による限度額というと金融機関によって審査基準は異なるようですが
年収に占めるすべての借入れ、例えば車のローンとか何らかの借り入れなどの足した、年間合計返済額の
割合(=総返済負担率)が、概ね年収400万円未満は30%、年収400万円以上は35%を上限としています。

もし申込本人の収入だけでは総返済負担率が基準を超える場合は、一定の要件を満たせば配偶者や親、子など
同居予定家族の収入を合算することも可能です。

ただし、無理なく返済できる額の目安は、一般的に年収の25%、できれば20%以内が理想的な範囲と言われています。

これが数字上の安全返済になります。

ただ、ご家族の生活への考え方や暮らし方はそれぞれです。お子さんの育て方や教育費などもまちまちですね。

一年に一回は豪華に家族旅行をしたいぞと思うご家族もあれば、お子さん三人とも大学に行かせたい方もいらっしゃるし
大好きな趣味をやりたいなど、ご家族によって将来を考えた場合、使うお金は違ってきます。

その違いを明らかにして、ご家族単位の今から将来にかけてのお金の流れをシュミレーションするのが「家づくりライフプラン」です。
当社は家づくりをこれから始めたいご家族のために「家づくりライフプラン」を無料で行います。

将来、自分たちが必要なお金から家づくりを総額を試算する。
まずは「家づくりライフプラン」をして安全な家づくりの総額を知ってから家づくりを始めましょう。

家づくりライフプランの予約

関連記事

  1. お引渡しは家族の新しい門出

  2. 先週の土日は吉原は祇園祭でした

  3. 純和風?モダン和風?それともオリジナル?お施主様の個性の家

  4. 家づくりを始める方にはぜひ参加していただきたい勉強会です

  5. 当社の家が「住まいの提案、静岡」に掲載されました

  6. 制振装置の重要性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 2019.01.19

      薬膳って。
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング