富士宮市宮原の現場では基礎工事が進んでいました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

振り返りですが富士宮市宮原の現場では基礎工事が進んでいました。
基礎の中の鉄筋が組みあがり、丁度GIOという住宅検査機関による検査を受けました。

家本体も必要ですが、この検査に合格すると「住宅瑕疵担保保険」に入ることができます。

家の支えとなる基礎の鉄筋はとても重要な部分になります。
鉄筋の組み方で家の強度が決まるといっても差し支えないでしょう。

特に台風や地震が起きたときには家の本体加重は基礎にかかってきます。

当社の場合、大地震の対策として構造計算を実施した耐震等級3を標準としているので
地震時に基礎の部分のどこに大きな力がかかるかが計算上分かるのでその部分の鉄筋を
増やしたり、基礎と家本体をつなげるホールダウンボルトという16mmのボルト設置箇所を
通常より増やすことを実施しています。

構造計算上必要になった鉄筋の補強部分

鉄筋工事が終わると検査をし、コンクリートの打ち込みをします。

今は夏なのでコンクリートが早く固まりやすいのでそのあたりを配慮しながら
打ち込みます。

コンクリートが打ち終わったら硬く固まるのを待ってから型枠をばらします。

この後は周りの水道などの配管をして整地し上棟(家の骨組みを組む)をします。

関連記事

  1. 家づくりを通して築かれる家族の自信

  2. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」省エネ編1

  3. 成長期の子供たちが勉強や運動にはげむ家(沼津市松長)2

  4. 函南町増築工事上棟しました。

  5. 年の瀬のお引渡しは何となく寂しい気持ちにもなります

  6. 今週末に上棟予定の富士市柳島の家の現場を少し振り返ります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング