富士宮市青木平で上棟をしました

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

昨日ですが、富士宮市青木平で上棟をしました。

上棟とは建前とも言いますが、家の骨組みを組むことを言います。
上棟には大工さんを始めたくさんの職人さんたちが集まります。

たくさんの職人さんたちが協力して家の骨組みを組みます。

家が建ち上がったら上棟式をやります

一般的には上棟式をやるというと、工事の安全祈願という儀式的な意味もありますが
当社の場合の上棟式は、お施主様と各職人さんや業者さんとの顔合わせという意味で
行います。お施主様が職人さんたちの労をねぎらってくれてお弁当などを配ってくれます。

(富士山がきれいです。きっと完成した家からもきれいに見えますね。)

この家は今から5ヶ月ほど完成まで工期がかかります。
イギリス風の邸宅のような家のデザインです。
完成が楽しみです。

関連記事

  1. プロをうまく使おう

  2. 「家の熱がどんどん逃げていく真冬の怪とは?」の後編

  3. 富士市交流センターで「家を建てる前に聞くと得する資金セミナー」開催しま…

  4. 先日、長泉町で地鎮祭をしました

  5. 左官さんが外壁の仕上げ前の下地モルタルを塗っていました。

  6. 高専祭に行ってきました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング