資料請求はこちら 無料家づくりコンサルティング希望

住宅ローンを組む前によく聞く質問ですが。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。

久々に再開したブログ更新ですが、どこから書いていこうかと迷っていますが
そう考えていると又更新が止まりそうなので日頃考えている事を断片的でもいいので
書いていこうかと思います。

いきなりですが「今、家を買った場合住宅ローンは固定がいいのか?変動がいいのか?」
という話をします。
この質問はお客様が住宅ローンを組む段階になってよく質問されます。

自分的には結論は「固定金利」です。

よく言われることですが景気が上向いている時は固定金利を選び景気が下がりつつある時は
変動金利を選ぶと言われます。

2016年2月にスタートしたマイナス金利政策の影響で住宅ローンは大きく下がりました。
この時点で借入期間21年~35年で固定金利の最低金利は0.9%になり今は1.09%で若干上がっています。

先日ある金融機関の人がもって来てくれた住宅ローンのパンフレットでは変動金利の金利が
0.75%でした。
例えば住宅ローンを¥3000万を35年ローンで借りる場合、上記の金利で固定金利の場合は
月々ボーナスなしで85949円、変動金利で81235円になります。その差は4714円で固定金利が高いです。

この差を多く見るか、少なく見るかは、人それぞれ違うと思いますが、
お気づきとは思いますが変動金利というのは、その時々による世の中の景気の
動向により変化するもの。もし景気の動向で金利が上がり下がりすれば
住宅ローンの月々の支払い金額も変わります。

もし1%変動金利が上がってしまえば支払いは95573円になり変動金利の
ほうが9623円高くなり逆転してしまいます。

最近あまりにも低金利が続いているので
「変動金利はそんなに上がるのですか?」

という質問を受けそうですが、ネット情報ですが過去の1984年ごろに変動金利型住宅ローンができて、
金利は絶えず動き7%くらいから始まり1980年代後半いわゆるバブル時期に6%。
1980年代最低は4.9%らしいです。

私も住宅ローンを15年前に借りていましたが、その時の金利は2.5%ぐらいだった記憶があります。

バブル期の金利を今に当てるのもどうかとは思いますが、最低金利の今金利は上がり調子だということは
考えながら住宅ローンを借りたいものです。

金利の動向

過去の変動金利は平成の始め8.5%まであったようです。 これからどうなるかは予想がつかない。

 

 

 

関連記事

  1. 新しい当社の家の施工例アップの2回めです。

  2. 富士宮市の家の上棟(家の骨組みを組む)をしました

  3. 性能向上リフォーム(三島市大宮町)窓を考える

  4. 住宅ローンは固定金利、変動金利どちらがいいと、考える前に

  5. 富士市岩淵の家ではお引渡しと各設備の 取り扱い説明をしました

  6. 三島市沢地の現場に行きました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング