資料請求はこちら 無料家づくりコンサルティング希望 友だち追加

熊本地震からの教訓

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は家の性能の話の耐震の話を書こうと思います。
この話は「本当に地震に強い家づくりの教科書」を参考にしています。

以前にもこのブログでも書きましたが熊本地震はある意味、地震国日本が
歩んできた建物の耐震性能のあり方を深く問わされた震災だと思います。
熊本地震について以前のブログ
それは一つは震度7クラスの大きな地震が4月14日16日と短期間で2回起きたということ。
もう一つはその場合、今まで歩んできた耐震への考え方や備えが十分なのか?
将来はどうなるのか?

ということです。
日本の建物の耐震への考え方は大きな震災級の地震のたびに強化されました。
1981年の新耐震基準は1978年の宮城県沖地震を受けて改正されたものです。
この時の建築基準法では以下の基準が書いてあります。
・震度6強から7に達する大規模地震で倒壊・崩壊しないこと
・震度5強程度の中規模地震ではほとんど損傷しないこと
その後発生した1995年の阪神淡路大震災ではこの基準のおかげで震災の被害が
1981年以以降の家と以前の家では被害の割合が大きく違うとなっています。

日経アーキテクチャー参考
引用:阪神・淡路大震災による建築物等に係る被害(国土交通省)
その後、1995年発生の阪神淡路大震災後の2000年に建築基準法が又改正されました。
いわゆる2000年基準です。
この改正で新築時の地盤調査が義務化されたほか、耐力壁をバランスよく配置することや
筋交いや柱を留める金具の種類を明確化することなどが定められました。
しかし最初にも書きましたが、熊本地震で建物の耐震への考えが又大きく変わりました。
(ただ建築基準法では見直しはありませんでした。)
それはこの地震で新耐震基準の家や2000年基準の家も倒壊したからです。

日経アーキテクチュアー参考
倒壊した理由は家の内容の他に地盤の関係や立地の環境の関係などいろいろ
あるかとは思いますが、個別に考えた場合耐震性能を考えることは
とても大事なことだと思います。
でもそれをどのようにしていくか?
又書こうかと思います。

関連記事

  1. 家を建てるなら消費増税になる前、後どっちがオトクか?

  2. 今年もいよいよ終わりですね

  3. 明けましておめでとうございます。

  4. 富士市大渕の「ナチュラルアンティークの家」の進捗状況です

  5. 富士市大渕の家の上棟(家の骨組みを組)をしました

  6. イエタテ2016夏号 掲載♪

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング