今日本は地震世紀に入っている

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は「地震に強い家づくり」の話を書こうか思います。
まずはこのテーマの教科書にしている「地震に強い家づくり」中から

教科書では「地震の世紀がやってきた」と書いてあります。
2000年に入ってから大きな地震が世界的に増えてきたらしいです。
この本にも書いてありますがアメリカに世界の地震の観測をしている「USGS」という
調査会社があるそうです。
そのホームページの中に過去からの地震発生階数をグラフにしたものがあります。

この棒グラフは1900年から2008年までの大地震を表しています。
このブラフから言えることは2000年に入ってから巨大地震が世界的に増えていることが
わかります。
拡大すると

確かに地震は2000年頃から増えています。
この地震の中には1923年の関東大震災や1995年阪神淡路大震災、2011年
東日本大震災、2016年の熊本地震や鳥取地震も入っています。
昔の記録は技術的に今程高度でなく、乗っていない記録もあるかもしれません。
それにしても2000年からの地震の数は以前の数の20倍らしいです。
このデータから言えることは2000年より地震が頻発する世紀に入ったと言えます。
そしてこれもデータからですが、日本は世界の活火山の約7%があるそうです。
平成22年度版内閣府防災白書

後、マグニチュード以上の世界の地震のなんと20.5%が日本で発生しているらしいです。

これらのデータから日本は地震大国であり今は地震世紀に入っているいえます。
耐震に重きをおく家づくりを意識してすることが事がとても大切だと思います。

関連記事

  1. 住宅ローンについて誰に相談しますか?

  2. 高齢者の方に頼まれご自宅のプチリフォームをしました。

  3. 家の耐震性についての提案

  4. 今年もいよいよ終わりですね

  5. 家づくりを始める方にはぜひ参加していただきたい勉強会です

  6. 完成間近の富士市厚原の現場に行きました

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング