資料請求はこちら

地震に強い家づくり

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
家を新築する場合やリフォームする場合、どうしてもクリアーにしておきたい事が
あります。 それは家の性能の話。

家の性能というといろいろあります。
私もこのブログの中でよく書きますが、
1.耐震性能 
2.断熱性能 
3.室内環境(換気、湿度、
ホルムアルデヒドなどのシックハウス対策 など) 
4.劣化対策(将来的なメンテナンスしやすさなど)

などがあります。
そしてよく話題にのることは、耐震性能や断熱性能ですね。
ただ、最近話題にのるこれらの性能は正直言いますが、私も含めて5年10年前は
言い方悪いですがなんとなく性能で家を建てていたと思います。

なんとなく性能とは何の基準もなく適当にやっていたのではありません。
基準はやはり「建築基準法」という法律。
この法律に則り家を建てていましたし、今も当然そうです。
ただ最近家づくりの環境が変わっています。
特に断熱性能に関してかなり明確な基準が出来ていました。
断熱性能では国の方で「長期優良住宅による断熱基準」、ZEH(ゼッチ基準)など。
ただ耐震性能に関しては大きな改正としては1986年の新耐震基準と2000年に
改正された金物補強や壁のバランスなどを考慮した2000年基準がありますが
その後大きな基準法の改正はないようです。
そしてこれらの建築基準法の改正ですが大地震が起こるたびに改正されています。
1981年は1978年の宮城沖地震、2000年基準は1995年阪神淡路大震災です。

住宅雑誌からとった熊本地震の写真

自分が現地に行ってとった長野地震の写真
でも最近の地震でとても大きな事件といってもいいくらいの大きくつらい地震が起きました。
ご存知の東日本大震災と熊本地震です。
でもこれらの震災級の地震がおきても建築基準法は大きな改正はされていません。
国も法律改正にはそれなりの基準はあると思いますが、あれだけの大きな被害が
あったので自衛の為にも耐震についてはなんらかの対策を立てなければ
ならないと感じました。
前置きが長くなりましたが耐震について書こうと思います。
そしてわかりやすくするために最近あるセミナーで手に入れた本を教科書にします。

地震に強い家づくり
内容を参考にしながら書きます。

関連記事

  1. 沼津市西添町で「ナチュラルアスカの家」の完成現場見学会 を開催しました…

  2. 引き渡しが終わったお施主さんに住んでからの当社の家の印象を聞きました

  3. 富士市教育員会の教育長の話を聞く機会がありました

  4. サイディングの欠点2

  5. 年末恒例当社オリジナルカレンダー配り

  6. 「カーサ カリーナ」が雑誌「come home」に掲載されました

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング