資料請求はこちら 無料家づくりコンサルティング希望

性能向上リフォーム(三島市大宮町)屋根裏検査

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日も三島市大宮町の性能向上リフォームの現場です。
前回は床下の状態のレポートでした。
今回は屋根裏の状態を見たいと思います。
屋根裏のは押入れなどにある点検口から入ります。
屋根の構造は。
一般的な木造住宅なので桁の上に垂木や母屋、小屋束などで屋根を支えます。
このあたりは今も昔も変わりません。

屋根裏の移動は構造の梁や桁を歩きます。
万が一そこから踏み外すと天井に足を突っ込んでしまうので要注意です。
屋根部分の野地板とフェルトが見えます。フェルトとは防水紙です。

天井の断熱材がある所とない所があります。
この家は過去に増築をしているので増築している部分は天井断熱材がしてあります。
40年前の部分は断熱材がありませんでした。



そして断熱材の種類が違うのは、増築工事をした際、お施主様がご自身で
断熱材を入れたそうです。
検査後
天井の断熱状態で気になったのはやはり断熱材が入っていない所があることでした。
天井部分は断熱材がないと夏などは太陽の熱が直接部屋の中に入りますし
冬は反対に冷たい冷気が入ってきます。
夏の屋根の温度は場合によっては60℃以上にもなります。
過去の工事の屋根の温度分布が分かる赤外線写真より
一番温度が高い場所は63.8℃


このような状態ではいくらエアコンやストーブを駆使しても
なかなか快適温度にはならず、天井と床との温度差も出来てしまいます。
今回の工事では断熱材は充填し直すのでかなり温度環境は良くなります。

関連記事

  1. 富士市交流センターで「家を建てる前に聞くと得する資金セミナー」開催しま…

  2. いつ家のプランニングをするか?

  3. 旧耐震基準の家と新耐震基準との違いは? 2000年基準とは?

  4. 家へのこだわり

  5. 住宅購入を検討するタイミングこそライフプランを考える時です1

  6. 花壇ではいろいろな花が咲いています

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング