三島市沢地の家の上棟(家の骨組みを組む)をしました

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
少し前ですが、三島市沢地の家の上棟(家の骨組みを組む)をしました。
ただこの上棟式は日本列島を縦断し東北と北海道に多大な被害をもたらした
台風10号を避け実際に建たのは台風通過後の今月に入ってからでした。
台風の接近を避け上棟式をする。
上棟式はお施主様にとっては一生に一度あるかの大事なイベントです。
通例ですと家の骨組みを完成させて上棟式をするのですが今回は台風の影響の為
建てる前に上棟式だけを行いました。
上棟日を後日にずらすこともありますが、お施主様の仕事の都合などで
なかなか時間も取りづらいですし、慣例的にお祝い事は延期しないという考えもあります。




上棟式では職人さんたちの上棟の労をねぎらい、お施主様からお弁当などを
いただきます。
今回は実際には骨組みは建ちませんでしたがお施主様よりお弁当をいただきました。
台風通過後家の骨組みは建ちました。


この家は50坪以上ある完全2世帯住宅です。
各部屋部屋でお施主様の使い方や嗜好に合わせた工夫があります。
完成が楽しみです。

関連記事

  1. 当社では毎年恒例の「年末、クリスマスサンタ作戦」を開始します。

  2. 富士市松本「こだわりアートコーナー」がある家」では上棟式をしました。

  3. 地中海の風といっしょにオリーブの苗木が二鉢来ました

  4. 住環境と健康寿命

  5. 新しい施工例のホームページへアップの五回目です。

  6. 富士市岩淵の家では上棟(家の骨組みを組む)を完了しました

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング