資料請求はこちら

富士川方面から富士宮方面の現場に回りました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
昨日ですが富士川方面から富士宮方面の現場に回りました。
富士宮市小泉の現場では外壁下地の構造用合板「ダイライト」貼りが完了し
その上から防水紙を貼る作業中でした。




ダイライトは構造用合板として当社が採用しています。
構造用合板と聞くと主に耐震性などを思い浮かべますが
「ダイライト」は家を長くもたせる為に必要な特徴を他にもたくさん持っています。
(1)  耐火性耐震性
 
 ダイライトは、鉱物を主原料とするために、耐火性能が高い耐力面材です。
 家の内外からの火事の延焼を防ぎます。
 耐力面材を使うことで、地震の際にも力を分散し、揺れを抑えて高い耐震性を発揮します。
 構造面材にダイライトを用いることで、木造軸組住宅でも最大で
 壁倍率5.0の耐力壁がつくることができます。
(2) 耐久性
 
 ダイライトは鉱物でできているために、白アリの食害や腐朽の被害に
 強い安定した素材です。
 また、2×4などで用いられる構造用合板に比べて4倍以上湿気を通しやすい
 という性質があり、壁体内結露を予防し建物の高寿命に貢献します。
(3) 耐熱性
 
 外周壁に筋違を使うと、断熱材をうまく充填することと、防湿層の連続する
 施工も困難です。面材の利用により、壁の内部は隙間なく断熱材で満たすことが可能です。
 などの効果があります。
 よりわかりやすいムービーがあるのでよければ見てください。
 論よりダイライトムービー
 そしてあと一つダイライトには家の耐久性を上げるために大事な性能があります。
 それはダイライトが持っている透湿性能ですが、これは私の過去のブログで公開しているので
 参考にしてください。
ダイライト透湿性能

関連記事

  1. 親子の会話が聞こえてきそうなアンティーク

  2. 「1985リノベ学校2014」のセミナーに参加しました

  3. 今日は朝から地区の「どんど焼き」でした

  4. お施主様の希望をどこまで叶え形にすることができるか?

  5. ポアポアさんのイベントに参加しました

  6. 断熱材は選び方一つで家の寿命までも左右されてしまいます

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング