富士宮市小泉で地鎮祭をしました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
富士宮市小泉で地鎮祭をしました。


この富士宮市小泉という地域は富士山の丘陵地です。
その為、太古の昔、富士山の火山灰が積もって出来た地盤に
木などの植物が生え、枯れて腐食した土の地域が多いです。
この腐食して出来た土が黒ボクと行って富士宮市だけでなく、富士市の大渕地域などで
お茶畑などをつくっています。
あまり、水はけがよくないらしく、黒ボクの堆積している層にもよりますが
地盤の強度によっては地盤改良が必要になります。
この場所は地盤調査の結果、深さ1.5mぐらいまで地盤が良くなかったので
地盤改良を必要としました。
そして、この地域にありがちですが、湧き水が出やすく、弱い地盤の底盤まで
湿潤状態でいる場合が多いです。
その為、地盤改良の種類としてはセメント系の地盤補強法ではなく
砕石を用いた砕石工法を選びました。

お施主様は地元の方でまだお若いカップルです。
家を若くて建てるだけあってお二人共とてもしっかり人生設計されています。
お父さんの年が自分とあまり変わりません。
自分もそのような年になって、お施主様とは親子のようなものです。
自分の息子、娘の家を建てるつもりで工事にかかりたいと思います。
この家の完成イメージパース

関連記事

  1. 家づくりにどこまで入り込めるか?

  2. 省エネ住宅、高断熱住宅。

  3. 冬支度 ヽ(^。^)ノ

  4. 自分の本当の仕事納め

  5. 中古住宅の検査の実際を見に焼津に行きました

  6. 「家電は遅らせるほど安く高断熱化は遅らせるほど高く」

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング