左官さんが外壁の仕上げ前の下地モルタルを塗っていました。

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
昨日ですが函南町の増築の現場に行きました。
現場では左官さんが外壁の仕上げ前の下地モルタルを塗っていました。


下地モルタルは外張り断熱材の上に塗ります。
その際、白色のメッシュを一緒に塗りこみます。このホワイトのメッシュは「ファイバーメッシュ」と
いって耐アルカリ性(モルタルはアルカリ性なので)繊維で出来ています。

この繊維が家全体を包みメッシュとアクリルモルタルとも収縮性があるため
外壁のヒビ割れ予防や耐震性能の向上にも効果をあげています。
当社のこの工法はオーパスという会社が開発した「ダブル断熱工法」といいます。
一般的なセメントモルタル塗外壁工事

一般的な外壁モルタル壁工事は木製の下地壁の上から黒色の防水紙を貼り
メタルラスという鉄製のメッシュを貼りセメント系のモルタルを塗りこみます。
メタルラスモルタル工法といいます。
この工法だとセメントモルタルには収縮性がないので地震時などのおこる揺れのために
外壁にヒビ割れがしやいだけでなく、メッシュが鉄製のため長い時間で錆び
外壁の強度が落ち剥がれ落ちる原因にもなりかねません。
函南町は伊豆の玄関
工事中の屋根の上から富士山と伊豆半島が見えます。
工事もやっと終盤になり周りを見る余裕が出来たのか、今日は景色が
とても美しく感じます。

関連記事

  1. 太陽光発電採用? でもその前に

  2. 人生においてリスク回避の為に用意しなければならない貯蓄とは

  3. 土地に掘り出し物がない理由

  4. いえの耐震性についてご質問を受けました。

  5. 新人です♬

  6. 将来までご家族の生活を想像した家づくり

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング