資料請求はこちら

「これからの家に求められる大事な性能とは?」基本スペック木構造編4(耐震構造2)

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は昨日の続きです。
当社が外壁下地材として耐力面材ダイライトを使っていますが、このダイライトを
標準的に使っている重要な理由があります。

それは建物の劣化防止に繋がるからです。
建物の劣化防止は外壁や屋根などの直接外部に向いている場所だけでは
ありません。お部屋の内部にも劣化する場所があります。
もしかしたらなかなか目にみえない場所なので気づかないと外部よりも家にとって
深刻な問題になるかもしれません。
それは壁内結露による壁の中の劣化です。
壁内結露により湿気が壁内にたまり建物の躯体部分の柱を腐らした例

もしこのように壁内が腐ってしまったら柱や土台などは家を支えるという本来の
力を発揮することが出来ず、もし大きめの地震が来たらここが弱点になり
家本体の倒壊に繋がりかねません。
前回ご紹介した長野県北部地震で被害にあった家などを見ても古い家などでは
それが原因と思われるような倒壊も確認できています。
では今回の壁内結露の劣化防止のためになぜ、ダイライトが有益かというと
ダイライトには他の耐力面材に比べて浸透性能が高いからです。
浸透性能とはすなわち壁内に発生してしまった、又は入ってしまった湿気を外部に
排出する性能です。
先程から言っている壁内結露が発生してしまった場合、その湿気を外部に排出します。
分かりづらいので前回と同様、論よりダイライトムービーを見てください。
「透湿性、耐久性」というところにわかりやすいメービーがあります。
論よりダイライトムービー
このムービーをご覧になっていただければわかると思いますが、
ダイライトは壁内結露による家の劣化を防止する優れた特性があります。
この事がナチュラルアスカの家がダイライトを標準的に採用している理由です。
でもナチュラルアスカの家の劣化対策はダイライトだけではありません。
断熱材のセルロースファイバーにも秘密があります。
ナチュラルアスカの家の標準スペック セルーロースファイバー断熱材については
断熱材の説明の時にしようと思います。

富士市今泉

関連記事

  1. 富士宮市淀師で地鎮祭を開催しました

  2. なぜ家の構造材は無垢材を使いたいのか?2

  3. 富士宮市外神で地鎮祭を行いました。

  4. お部屋のイメージを演出するナチュラルインテリア2(腰壁編)

  5. 「家電は遅らせるほど安く高断熱化は遅らせるほど高く」

  6. 「これから家に求められる性能とは」はじめに2

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング