「これからの家に求められる大事な性能とは?」省エネ編1

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
少し前ですが、富士宮市淀市の現場では外張り断熱を大工さんが貼っていました。



当社の場合、断熱材としては内壁内の「セルローファイバー」の他に外部から
外張り断熱を貼ります。
外張り断熱の材質としたら「ビーズ法ポリスチレンフォーム」です。
商品としてはオーパスのフォルテボードを標準仕様としています。
内壁内のセルロースファイバーと合わせてダブル断熱工法とよんでいます。
セルロースファイバーについてはいろいろなネット情報で紹介されています。
私としても当社がセルロースファイバーを何故当社の家の標準仕様として
採用してるかを合わせておいおい説明していこうと思います。
今日はこの富士宮市淀市の現場で工事している「外張り断熱」についてその
施工意味と必要性について話したいと思います。
よく、外張り断熱についての表現については
「魔法瓶のように外からすっぽり包んで冬の寒さや夏の暑さが外から
侵入しないようにお部屋の環境を快適に保つ」

というような言い方で表現しています。
この魔法瓶という言い方がなんとも昭和風で自分としては気に入っていていますが、
外張り断熱の説明としては分かるようで分かりづらいような気がして
特に最近の若いお客さんたちに「魔法瓶ってなんですか?」と反対に聞かれてしまいそうで
最近はこのフレーズは使っていません。
(魔法瓶とは自分の記憶では小学生や中学生ぐらいの時にタイガーとか
象印の水筒などをテレビでしきりに魔法瓶と言っていました。今でもアマゾンなどの
検索ワードでは魔法瓶で検索できました。)

象印 ガラス魔法瓶 2.2L エレガントローズ AB-TW22-FX

魔法瓶の話はいいのですが、外張り断熱が外部からすっぽり家を囲む意味では
よく言い当てています。

ではなぜ、外から家をすっぽり包むことが家の断熱にとって有効なのでしょうか?
少し魔法瓶にこだわり過ぎ前置きが長くなりました。
続きは次回詳しく書きます。

富士市今泉

関連記事

  1. SOPOの家の基本性能、基本仕様について書きたいと思います。

  2. ブログアップ  チリ地震は対岸の火事か?

  3. 性能向上リフォーム(三島市大宮町)床下検査

  4. 台風のさなか地鎮祭をしました

  5. 施主様を住宅雑誌に掲載するための撮影をしました。

  6. 工事に先立ち大事なのは家全体の状況の把握です。

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 2020.06.29

      沼津の現場①

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング