「これからの家に求められる大事な性能とは?」健康編7

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
「これからの家に求められる大事な性能(価値)とは?」と題して話を続けてきました。
そして、以前のブログで家の性能(価値)という意味を5つに分けてみました。
1.家族の健康
2.省エネ
3.家の耐久性
4.耐震性
5.資産

で今まで「家族の健康」について話してきましたが、今回で健康については
一区切りしたいと思います。
ただ、前にも書きましたが先に書いた家の性能(価値は)の5つの話は別々の
話ではなくお互いに絡み合っているので他の話で家族の健康の話はしたいと思います。
今日は断熱性能の原因で起こる結露によるガビやダニ、による人体への健康被害と
同じく結露による家の躯体部分の腐れ、又はそれから発生するシロアリ被害の
話です。

この写真どう思いますか?

美味しそうなビールです。
もし私のブログを仕事終わりに読んでくれている人はこの写真を見て
「早く家に帰って夕食前にビールといくか」
と思うかもしれませんし、もし朝方であれば
「ダメだよ~ビールなんて、夕食が待ちどおしくて仕事やる気なくなる」
と思うかもしれません。(朝このブログを書いている自分もそう思います。)
冗談はさておきビールの周りに沢山の水滴、これはご存知結露です。
この結露は清々しく、美味しいビールを演出してますが、家にとっての結露は
大変厄介で問題になります。

これは窓の結露、よく梅雨時期によく出ますし、冬でもストーブをたくと出てきます。
でもこの結露は窓枠を濡らしシミは付けますが、うっとしければ拭けばいいし
いつの間にか消えます。
そして、本当に厄介で家にも致命傷の原因になる結露は「壁内結露」
要は壁の中にジンワリ出来てしまう結露です。
これは知らないうちに家の壁の中にカビをはらし、蝕み、腐らせます。

日経ホームビルダー
そして、この原因の殆どは、家の断熱性能と断熱材の選択、断熱施工ミスによっても
発生します。
万が一こうなってしまったら、カビてしまった壁内からの胞子や悪臭により
住んでいる家族の健康に影響がでるかもしれません。
そして継続的な壁内の湿気により、内部の柱や土台、梁などを腐らし
その腐ってしまった部分でシロアリを発生して家の構造をボロボロに
してしまうかもしれません。

住宅のお風呂改修時の解体現場。壁内結露により柱や窓台が腐っている。

内部のグラスウール断熱材がカビにより真っ黒に変色。
なぜ、こうなってしまうか?とどうしたら良いか?は又書きますが、
家の性能の良し悪しは快適さや家族の健康を蝕むだけでなく
家の構造の強度も落としかねないということをわかっていただければと
思います。

富士市大渕

関連記事

  1. 1点もの ☆

  2. 勉強会付き、構造見学会を開きました

  3. 富士宮市外神の現場の工事進行状況を確認してきました

  4. 今日の新聞ですが「秀吉の大阪城天守台を発見」という記事がありました。

  5. プロをうまくつかおう2

  6. ふじのまちクリニック健診センターの喫茶室に行きました。

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング