「これから家に求められる性能とは」健康編3

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
前回は暑い夏が熱気が寒い冬は冷気が家のいたるところから入ってくると
いう話をしました。

夏の暑い日の屋根は瓦、ガルバニュウム合板ともかなり熱くなります。
60℃又はそれ以上になる場合もあります。
その熱い熱がまともに2階の部屋に入ってくることはありません。
屋根断熱(瓦など屋根にそって断熱する工法)、天井断熱(天井の上に断熱する方法)
によって2階の天井からある程度緩和されて熱は入ってきますが、
断熱方法や断熱材の種類によってその効果はまちまちです。
最初に書きましたが夏の午後は暑くて2階にはとてもいられないという家は
断熱性能がかなり低いと思われます。
それは2階に限らず1階の部屋でも同じことです。
こうなってしまってはいくらエアコンをフル回転しても全然涼しくなりません。
最近、高齢者の方が部屋の中で熱中症にかかって倒れるというのは
このような理由からかもしれません。
家の断熱性能は部屋の快適さだけでなく、住む方の健康面にも
影響を与えます、
最初に自分が「これから家に求められる価値(性能)とは」3の部分で
「家族の健康」を第一位に上げたのもこの理由からです。
そして、ここで付け加えたいのですが家から夏や冬に熱気や冷気が入る
場所は家の屋根、外壁、基礎だけではありません。
キッチンや部屋の換気扇、又は隙間風などによる場合も多いです。
換気扇の熱損失

すき間風 (専門用語でC値といいます)

特に隙間風については要注意。
これについては又詳しく話します。


富士宮市泉町(2世帯)

関連記事

  1. 富士宮市豊町の工事現場に行ってきました。

  2. 富士川方面から富士宮方面の現場に回りました。

  3. 大ファン ♡

  4. 今日の産経新聞に気になる記事がありました。

  5. 理想的な家づくりの為に大事な事

  6. プロをうまくつかおう4(プランニングの進め方2)

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング