富士宮市淀師で地鎮祭を開催しました

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
先日の話ですが富士宮市淀師で地鎮祭を開催しました。
地鎮祭の様子



地鎮祭は文字のごとく地を鎮める祭りですね。
地を鎮めるとは家を建てる場所の神様にこの地に家を建てることへの
許しを請う。「工事中もいろいろご迷惑をかけますがよろしくお願いします。」
という挨拶のようなものです。
日本には八百万の神様があちこちのいらっしゃるという考えがあります。
家の中にも神棚だけでなくキッチンやトイレなど、昔の家にはそれらの神様を祀る
祭壇や御札などもお供えしました。
日本人はそのような神様を祀り、家や家族を守っていただくという感覚があります。
自分も普段あまり神様など意識しませんがお正月には初詣などに
行きますし、やはり地鎮祭地の神主さんの祝詞を聞くと神聖な気持ちに
なります。
この感覚はやはり日本人としての普通の感覚なんですね。
この工事は「認定低炭素住宅」というこれから日本が将来のエレルギー政策の
一環として住宅の省エネ性能を上げた家になります。
工事中、認定低炭素住宅で配慮された点などをお知らせしようと思います。

この家のイメージぱーす

関連記事

  1. イエタテ2016夏号 掲載♪

  2. 屋根をスレート瓦、外壁を窯業系サイディングにした場合の生涯メンテナンス…

  3. 家づくりはご家族にとって一生に一度の大事なイベントです

  4. 「家族でナチュラルライフを楽しむ家」 施工例2回目

  5. 家の価値観は住む方の価値観で決まります

  6. 静岡市清水区大手の「ナチュラルアンティークの家」のお引渡し

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 2021.01.27

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング