富士宮市西町の現場では地盤改良工事をしました

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
富士宮市西町の現場では地盤改良工事をしました。
作業の状況です。




家を建てる場合、地盤調査が義務付けられています。
地盤調査とは一般的な方法では家を建てる地面の四方と真ん中あたりに
機械で太い鉄棒を刺して鉄棒がどんな様子で地面に刺さっていくかを図る調査です。
スウェーデン式サウンディング方式

地面が柔らかければまるで豆腐に針をさすように抵抗なくスルスル入っていって
しまうし、反対に固ければ石にさすようになかなか入って行きません。
そしてもちろん中間の硬さもあるし、最初スルスルはいりますが、途中で固く
なる場合もあります。
要はその土地の特性、家を建てる為の力があるのかないのか?
ない場合はどうしたらいいのか?ということを調べる作業です。
地盤調査の結果を検討してこの土地に家を建てる場合対策が必要なのか?どうか?
必要な場合どんな工法にしたらいいかを検討します。
今回の土地は深さ3mほどまで地盤が基準より耐力は低かったので
鋼管杭で補強をしました。
地盤改良費は家を建てる予算としては思わぬ出費になります。
ただ、地盤調査をして改良が必要と診断された場合は必ず工事しなければ
ならないので、早い段階で地盤調査をして結果によっては住宅ローンの借り入れにも
反映させたいですね。

関連記事

  1. 中古住宅の検査の実際を見に焼津に行きました

  2. 制振装置の重要性

  3. 「国土交通大臣登録  木造耐震資格者講習」に参加しました

  4. ご家族で家づくりを楽しむという事(お客様の声)

  5. 完成見学会に参加する意義

  6. 「家族でナチュラルライフを楽しむ家」 施工例 最終

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング