資料請求はこちら

「謎の階段前のドア」という話をします

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
以前「土地から求めて家づくりをする方たちは
家のプランにどれ位時間をかけているのだろう?」という話をしました。
この話は
その際、この話の趣旨とは別に家のプランニングの話をしましたが
今回より「家のプランニングのポイント」として家づくりのプランニング時に
注意していただきたい大きいこと小さいことなどを書きたいと思います。
今日は「謎の階段前のドア」という話をします。
なんかタイトルが言いたいことバレバレですがまずは参考写真から

緑で囲われたドアはリビングダイニングから見ていますが
ドアを開けると階段や物入れ、トイレにつながっています。
別の角度からは

よく、お客さんたちとプランの話をしているとリビング階段が希望です
という方が多いです。
その理由としてはよく住宅雑誌にも書いていますが、帰ってきた
子どもたちが直接2階の部屋に上がることなくまずはリビングやダイニングを
通って「ただいま」と言わせてから2階の部屋に行かせたいという話です。
その希望や理由はとてもよくわかりますし、ぜひそうしていただきたいですが
問題があります。
リビングからの2階への階段はとても動線としていいのですが階段は
そのまま空気の通道、言い換えれば風の通り道です。
夏の暑い日はありがたいですが、冬の寒い日は2階から冷たい空気が
降りてきます。
よくリビング階段を吹き抜けにするプランがありますがカッコよくて
開放感はありますが暑い夏や寒い冬などはエアコンの効きや
快適さを考えた場合は採用する場合は住む人への説明とご理解と
ガマン?が必要になります。
(冬はさむいよ~。)
そんなリビング階段の寒さ予防として提案したいのが
「謎の階段前のドア」です。
別のお施主様の家では
リビングからのドアを開けると階段とトイレと物入れがあります。
(物入れは見えませんが)


でも別に謎でもなんでもありません。
要は階段前にドアを付けて2階からの寒い空気をシャットダウン
すればいいだけです。
でもこのドアを採用するには注意点があります。
ドアを開けてすぐ階段は上から降りてきた人とぶつかる危険があるので
廊下をなるべく広くとりたいということです。

富士市大渕の家

関連記事

  1. 家のプランニング(間取り)の進め方2 家のプランニングを進めるにあたっ…

  2. 予定変更、山梨県にドライブしました

  3. 「これからの家に求められる大事な性能とは?」基本スペック木構造編

  4. 完成間近の富士市厚原の現場に行きました

  5. 富士市柚木にて完成現場見学会を開催しました

  6. 失敗しない家のプランニングの進め方 2

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング