地震が発生した時に備えること

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
新聞を見ていて気になる記事がありましたので共有したいと思います。
それは2月16日付けの産経新聞「強い揺れの日本地図」タイトルで30年以内に
震度6弱以上の地震の揺れに見舞われるであろう確率の地域を
色分けさせた日本地図です。

こういう地図があるとまず自分が住んでいる地域が気になりますね。
静岡県はと?

あ、ありました。
なんと、水戸や徳島、高知につづいてワーストに近い66%。
水戸は4年前の東北の震災に近いからでしょうか?
徳島や高知の四国勢は南海東南海地震が近い?という理由か?
もちろん、静岡は東海地震ですね。
(これも言われ続けてもう何十年という気もしますが。)
別に自虐的や面白半分に言っているわけではなくてこれが現実かもしれません。
最近、私は長野県の白馬村堀之内の震度6弱の現場に行きましたが、
その災害の凄さを見て、日頃自分たちはその備えはあるか。
と思ったものでした。
長野北部地震のレポートはこちら
先日、地震の特集の話をラジオで聞きましたが地震が起きた時一番大事なことは
避難通路を知っていて、そこにちゃんと行けるかどうからしいです。
地震時はだれでもパクってしまうので、いざとなるとできそうなことでも
できなくなっってしまう。その為に大事なことは日頃の訓練。
案外、私もめんどくさがって参加しないですがとても大事だと思います。
そして、自分が普段建てている家にとって大事なことは、当たり前ですが
倒壊しないこと。
大きな地震が来てもしっかり自立して中の人を守ることですね。
11月22日発生 長野県北部地震  震度6弱  白馬村堀之内にて

関連記事

  1. 工事に先立ち大事なのは家全体の状況の把握です。

  2. 今日は朝から地区の「どんど焼き」でした

  3. 富士宮市豊町の家のお引き渡しを完了しました。

  4. 性能向上リフォーム(三島市大宮町)解体工事

  5. 富士市厚原(上段)ちょうどいい家は上棟を待つだけです。

  6. 日本のエネルギー自給率が6%

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング