富士宮市泉町の家では大工さんの仕事が進んでいます

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
富士宮市泉町の二世帯住宅の家では大工さんの仕事が進んでいます。

今は下地組が終わって石膏ボードというこれも仕上げの漆喰を塗る下地を貼っています。
この作業が進めば大工さんの工事は終わりに近くなります。

四角に組んだ木の部分はガラスブロックをはめこむ所です。
壁にガラスブロック(またはステンドグラス)をはめる意味は。
トイレのドアの上に付ければ、中の電気のつけ忘れが分かりますし
子供部屋の壁に付ければ子供が夜、起きているか寝ているが分かります。
かわいいデザインと実用を兼ねています。
完成すると



大工さんの工事が終わりに近づいたのでお施主様にも進行状況と
最終の確認をしていただきました。



この場所は何?

屋根裏部屋になります。
主にご主人様の隠れ家?
いろいろ楽しめますね。
大工さんの工事が終わると仕上げに移っていきます。

関連記事

  1. 日本のエネルギー自給率が6%

  2. 今日は木曜日なので朝から社員全員で社内の掃除の日です

  3. 家のイメージに合わせて外壁の仕上げパターンを変えていきます

  4. 再考家の性能について(断熱気密編)1

  5. 断熱向上リフォームをしました1(富士市北松野)

  6. 低断熱住宅に住み続ける事の将来へのリスクを考える。

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング