資料請求はこちら 無料家づくりコンサルティング希望

長野県北部地震、新聞報道に驚いて現地を見に行く

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
11月22日に長野県で震度6弱の大きな地震がありました。
新聞やテレビで大々的に報道されたので関心を持った方も多いと思います。
自分も仕事柄、地震というといつか来る東海大地震、南海東南海地震、を連想し
家の耐震や制震、耐震補強などが思いつきます。
そして、ある新聞報道に大変衝撃を受けました。
それは11月24日の月曜日の産経新聞。
この日は連休最終日でもあり、世の中は連休ムード
連休最後の日だから家でのんびりという方も多かったと思います。
自分も予定がなかったので、事務所で事務仕事でもしようかな?
と思っていました。


でも新聞の見出しを見て驚きました。
何を驚いたかというと新聞に震度6弱と書いてありましたが、
自分は地震の専門家ではないのですが、震度6弱の被害としては
酷過ぎるという印象を受けたからです。
倒れた家が多く、特に白馬村堀の内地区ではこの地区の家が
軒並み倒れています。
(被害のわりに死亡した方がいなかったのは幸いでしたが)
以前、富士宮市で東北3.11の震災後、震度6強の直下型の地震がありましたが
その時は、それほどまで被害がなかったような気がします。
3.15富士宮地震
発生時刻2011年3月15日 22時31分頃
震源地静岡県東部
最大震度震度6強

当社が建てたの家でも富士宮市万野原新田のほぼ地震直下の
オーナ宅がありましたが、家の中は壁にクラック等入りましたが外装はほとんど
被害はありませんでした。
内装のクラック

そして、一般の家からの修理依頼もありましたが、一番酷くても
瓦屋根が崩れたぐらいで、家が倒壊するといった事は聞きませんでした。
一般の家の地震被害


あまり地震規模が変わらないのに、なんでこんなに被害が違うのだろうと思うと
自分の実際、現地を見たほうがいいなという気持ちになり
11月24日、長野県の白馬村堀の内地区に車で向かいました。
又、この続きはお知らせします。

関連記事

  1. 沼津市西添町で「ナチュラルアスカの家」の完成現場見学会 を開催しました…

  2. 富士宮市小泉で地鎮祭をしました。

  3. お施主様の思いと職人さんたちの思い

  4. 新年の一日目は穏やかに過ぎていきました

  5. 理想的な家づくりの為に大事な事

  6. 富士市岩淵の現場に行ってきました。

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング