資料請求はこちら 無料家づくりコンサルティング希望

「国土交通大臣登録  木造耐震資格者講習」に参加しました

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日は「国土交通大臣登録  木造耐震資格者講習」
(う~ん長いタイトルだな。)
に参加しました。




この講習は新築住宅の耐震というよりは既存住宅の耐震性を上げるために
開催されています。
建物の耐震基準は大きな地震がおき、たくさんの家が倒壊したり、犠牲者がでることにより
改正されてきました。
最近では1981年(昭和56年)に耐震基準が大きく改正され、旧耐震基準から新耐震基準に
改変されました。

基本的の考え方として、旧耐震基準の家ではこれから起こるでろう、例えば東海大震災や
東南海、南海地震には倒壊の恐れがあるという考えがあります。
1981年(昭和56年)以前の家は、今自分の家の耐震体力がどうなのか?
という事はぜひ、耐震診断をして確認していただきたいと思います。
県と市ではその診断と、もし地震に耐えられないという結果が出た時の
耐震計画の補助金が出ますし、耐震工事の費用も一部補助金が出ます。
地震はいつ来るか分かりません。
昨日は「防災の日」でもありました。
旧耐震基準の家に住んでいる方たちは被害が出てからでは遅すぎるので
耐震診断を受けていただきたいと思います。
お問い合わせは静岡県耐震ナビ

関連記事

  1. 「土地から求めて家づくりをする方たちは家のプランにどれ位時間をかけてい…

  2. 富士宮市青木平「英国風カントリーハウス」の家では「セルロースファイバー…

  3. 施主様を住宅雑誌に掲載するための撮影をしました。

  4. 静岡市葵区新間の家のご紹介です。4回目最終です。

  5. 「家の温熱環境」の勉強会に行きました

  6. 後で見えなくなるので気を配りたい「比較構造見学会」

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング