パースがあった方がいいかなー

今うちでよく作成する造作家具の図面を描いてます。
その図面のなかで、パース(遠近法を使って目に映るものを平面に写した図)が
あった方がお施主様が見やすく伝わりやすいかな、と思い描いてみました。



これは「一点透視図法」という図法。


そんで実際図面に入れてみました。どうかな?分かり易いかな??
今は3Dソフトなどで簡単に住宅の外観、内観が描けますが、造作家具ひとつでも
こういった絵があった方がいいですよね。
線でパッとこういうの描けたらかっこいいし(笑)
また他の図法も挑戦してみたいですね!
時間あれば…(笑)

関連記事

  1. 富士市大渕の「ナチュラルンティークの家」ではお施主様への引き渡しをしま…

  2. 今日は当社の打ち合わせ室「ASOBIBA キットパス」の2回目です。

  3. 後で見えなくなるので気を配りたい「比較構造見学会」

  4. 温熱住環境を良くする意味

  5. 新築の家とマッチさせた外構工事

  6. 今年最後の地鎮祭を富士市中之郷で開催しました。

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング