富士市中央町2世帯住宅の家もうすぐ着工します

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
今日はこれから始まる現場から。
場所は富士市中央町です。
当社から歩いていける距離です。
二世帯住宅なので分譲地2区画にまたぐ大きな家です。
少し前、地縄(家の位置を土地にひもを張ってみる)を張り
地盤調査を完了しました。



地盤調査は言わずとしれた、地盤の強度を測るもの。
今回実施した地盤調査法は「スウェーデン式サウンディング方式」と言って
地面に直接杭のような鉄の棒を機械で打ち込んでいく事によって地盤の
強度を測ります。
地盤の強度が規定値までに達しないと「地盤改良」が必要になります。
最近は地面の液状化現象なども言われているのでこの作業はとても大事ですね。
検査の結果、幸いこの土地の場合は地盤改良工事をしなくても問題ない
強度が土地にあるそうです。
これからは基礎工事にかかります。
その後は上棟(家の骨組みを組む)して建築工事が始まります。
この家のイメージパース

上品なモダン和風の家に仕上げる予定です。

関連記事

  1. 耐震等級が上がるほど重要な基礎補強鉄筋

  2. 「健康、省エネ住宅を推進する国民会議」の トップランナーシンポジューム…

  3. 富士市神谷の現場では地盤改良の工事をしています

  4. 仲間とワイワイそんな楽しさを感じる家3

  5. 「家のプランニング(間取り)の進め方」9 展開図の重要性

  6. 後で見えなくしまう、でも気を配りたい断熱材の性能

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング