資料請求はこちら

中古住宅のメリット、デメリット

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
最近、新築だけでなく中古住宅をリフォームやリノベーションして住もうという
若いご家族が多くなっています。

そして実際、中古住宅はチラシやネットなどで数多く見るようになりました。
そして不動産屋さんから聞くと結構売れているようです。



国は今、これから増えるであろう中古住宅の流通を活性化しようとしています。
リフォーム、リノベーションの補助金を増やして若いご家族に有利に買ってもらおうと
思っています。
でも、実際中古住宅を多く見ている自分にとっては少し疑問が残ります。
確かに中古住宅はあんがい便のいい場所に建っていて、新築で家を建てるために
土地を購入する場合より割安感があります。
ただ、中古住宅の質の面で一般のシロウトの方が分かる事がどれぐらいあるだろうか?
と思います。
確かに最近では「インスペクション(建物検査)」という制度が出てきていますが
まだそんなに普及していません。
ただ、表面のリフォームしてきれいになった家を選び、これから20年30年と住むことに
リスクを感じないのでしょうか?
中古住宅は建てられた年によって耐震基準が違います。
設備関係は20年30年とたてば特に配管に耐用年数があります。
床下を見なければ、シロアリや腐りにどれぐらい侵食されているか分かりません。

ですから、もしあなたの知り合いが中古住宅を買う場合になったら必ず
「家のプロにみてもらったら?」
と言ってあげてください。
そして、家のプロに目の前の中古住宅を買うメリット、デメリットをしっかり聞いてから
購入を決心するように進めてください。
これから20年30年住むのですから、それぐらいの手間暇をかけるべきだと思います。

関連記事

  1. なぜ家の構造材は無垢材を使いたいのか?2

  2. 「これから家に求められる性能とは」健康編4

  3. 今日は杉材です

  4. 家の耐震性についての提案

  5. 大ファン ♡

  6. 上棟式で思う事

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事
    1. 登録されている記事はございません。

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング