木の特徴を知って使い分ける

こんにちはアスカ工務店遠藤です。
長泉町の家では大工さんが床材を貼っていました。
この床材はパイン材です。



パイン材は針葉樹系の木で北欧やロシアなどから輸入されます。
これらの国は緯度が高く寒い国ですね。
ですから木は自分を寒さから守るために幹に空気を詰め込みます。
すると幹は空気を含んでいるだけ、柔らかく触った感じもヒヤッとせづ
暖かく感じます。
これらの木とは反対にナラ材などは広葉樹系で木目がよく詰まっていてとても硬く
傷もつきにくいです。床材のほかに家具にも使われます。
床材は人が一番肌に触る部分ですから特徴を良く考えて自分たちの好みに
あった物を選びたいですね。

関連記事

  1. 庭は今、春の花でまっさかりになろうとしています。

  2. 家づくり勉強会開催しました

  3. 活断層地震を考えると長野県白馬村の活断層地震の被害を思い出します。

  4. 久々に松風堂小まんぢゅうを買って食べました

  5. 断熱向上リフォームをしました4(富士市北松野)

  6. 住宅購入を検討するタイミングこそライフプランを考える時です6(まとめ)…

カテゴリー

    最近の記事 おすすめ記事

    ご相談・お問い合わせ

    〜ナチュラルアスカの家〜アスカ工務店

    TEL0120-561-085

    家づくりに関する何でも相談会
     

    無料相談会

    将来まで安心できる
    家づくりの総額が知りたい方へ

    無料ライフプラン

    まずは施工事例を希望したい方へ
     

    カタログ請求

    自分たちが建てたい家を
    知りたい方へ

    無料プランニング